« 鶏の唐揚弁当 | トップページ | ゲンパクフェン 冬瓜のシチュウ »

2006年11月29日 (水)

明太子

日本人には明太子は辛い料理だ。タイ人のヌチャナートにとっては
明太子の辛みなんて辛みの内に入らない。俺でさえ辛いと感じなく
なっているのだからタイ人が辛いと感じなくても当然だ。
明太子に似た物にタラコがある。
タラコはヌチャナートの好みではない。
唐辛子が入ると少量の塩分で保存性が高まる。
タラコには唐辛子が入っていないので、保存性を高めるには多く
の塩を入れなくていけない。
「こっちにしようか?」タラコを指差して、それを買おうかと聞いている。
「嫌よ。それは塩辛いわ。こっちの方が美味しいわよ」
タラコより明太子の方が塩分が少なくておいしいと言うのだ。
明太子は辛くて美味しいとは言わない。
明太子は塩分が少なくて味が纏まっているというのだ。
辛いから美味しいとは言わなかった。

2006/11/29

|

« 鶏の唐揚弁当 | トップページ | ゲンパクフェン 冬瓜のシチュウ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32758986

この記事へのトラックバック一覧です: 明太子:

« 鶏の唐揚弁当 | トップページ | ゲンパクフェン 冬瓜のシチュウ »