« 熱燗にする | トップページ | あんこう鍋 タイ風 »

2006年11月 5日 (日)

ラフランス

俺は洋梨なんて缶詰しか知らなかった。
生の洋梨を北米で見た時、「これが生の洋梨なのだ」と一種の感激を覚えた。
当時の日本ではバートレット種がいい洋梨だと言われていた。
北米にはいろいろな種類の洋梨があった。

R0018188pct20

ラフランスもその一つだ。
北米で売られているラフランスは完熟する前のものだ。
身が固く齧るとパカッと割れる。
そしてほのかな香りがする。

ヌチャナートは洋梨を知らない。日本に長く住んでいるので洋梨は何度も見ている。
食習慣は保守的だから、幾ら見ても馴染みがないと食べないものだ。
俺はヌチャナートにラフランスの美味しさを教えたかった。
ラフランスを買ってきた。
「食べてごらん。美味しいよ」
皮を剥きながら、このラフランスは北米の物とは違うのに気付いた。
もう熟しているのだ。
身も柔らかい。なんだか変だ。それでもラフランスの香りがする。
「いい香りがするよ」
ヌチャナートはラフランスを手にして食べた。
そしてなにかを考えている。
「匂いがいいだろう?」
「そうね」
まだ考えている。
「ああ、これってメンダーの香りね」
「えっ!なんだって?」
ギクッとした。俺は香りを確かめる為、もういちどラフランスを齧った。
そう言われると確かにメンダーの香りに似ている。
メンダーというのはタイ語でタガメのことだ。
水中に住むゲンゴロウの親分のような昆虫がタガメだ。
このタガメを焙煎してタイ人は食べる。
またタガメからエッセンスをとると、これが実にいい香りなのだ。
虫から花のような香りがでてくるのだ。

洋梨ラフランスの香りとタガメの香りが似ていることを知って驚いた。
ガスクロなどの分析器具で洋梨と昆虫の香りを見比べると多分、同じ成分が入っていることが分かるだろう。
今日は新しい発見をした。

2006/11/04

|

« 熱燗にする | トップページ | あんこう鍋 タイ風 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/4070918

この記事へのトラックバック一覧です: ラフランス:

« 熱燗にする | トップページ | あんこう鍋 タイ風 »