« ゲンパクフェン 冬瓜のシチュウ | トップページ | ザーサイ »

2006年11月29日 (水)

これが自家製ソーセイジ

自分の家でヌチャナートと二人でソーセイジを作った。
これを乾燥させておいた。乾燥の過程で乳酸醗酵するので酸味が
でる。酸味がでると長期の保存が可能となるが、あんまり酸っぱいと
美味しくない。今日辺りがちょうどよい酸味がでているはずだ。
ソーセイジをグリルで焼いた。
思っていた通り、ほど良い酸味がでていた。
薄切りにした生姜と一緒に食べても美味しい。
唐辛子のペーストと一緒に食べると、辛い刺激と酸味と肉の旨味が
一緒になる。
R0018262pct20


この味は、スーパーで売っているソーセイジにはない。
日本で売られているソーセイジは欧米の味なのだ。
このように東洋の味がするソーセイジがあってもいい。
日本人はソーセイジは買うものだと思っている。
そうではない。
肉食が普通の生活になっている国民は何処の国でも家庭でソーセ
イジを作る。日本でも自家製ソーセイジが珍しくない時代がまもなく
来る。美味しいソーセイジを食べるのも嬉しい。
二人でどんな味になるか想像しながら作るのも楽しいものだ。

ソーセイジの関連記事はここにあります。

これが自家製ソーセイジ
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_766d.html

タイのソーセイジ作り
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_08a3.html

無血クーデター
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_b2c5.html

自家製ソーセイジ
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_86fa.html

チキンソーセイジを作る
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_71d6.html

ソーセイジを食べる
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_bdf0.html

ソーセイジ作り
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_da7f.html


この他の記事はこちらからどうぞ!
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/

2006/10/24

|

« ゲンパクフェン 冬瓜のシチュウ | トップページ | ザーサイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32759056

この記事へのトラックバック一覧です: これが自家製ソーセイジ:

« ゲンパクフェン 冬瓜のシチュウ | トップページ | ザーサイ »