« パクチーの味噌汁 | トップページ | 発想の違い »

2006年11月16日 (木)

合鴨のパストラミ

塩漬けした肉に粗引き胡椒をまぶして燻製にしたものをパストラミという。
今日の肉は合鴨だ。このパストラミの薄切りとビールはよくあって美味い。
なんで今日は合鴨のパストラミなのかというと、
ヌチャナートが寝坊したからだ。
これはウチで作ったものではない。買ってきたものを薄切りにしただけだ。
ナムプリックをちょこちょこと作って弁当に入れた。
R0018225pct20 茹でた白菜も入っている。栄養的にはバランスがとれている。
ヌチャナートはよく味付けもしないで茹でただけの野菜を食べる。
生の野菜は余り食べないな。

そう言えばタイの屋台では生のキャベツや苦い野菜などが料理と一緒にどさっとでてくる。
食べ放題というところかな。
生の野菜はちゃんと洗ってない、汚い水で洗ったものだから清潔ではない。
大きな笊などに野菜を入れている。客の注文に応じて、その笊をこっちのテーブル
あっちのテーブルに持って行く。
不特定多数の人がその野菜に触る。
前の人が野菜を摘んでは「これはよし、これは駄目」と野菜を選り分けている。
俺は清潔に余りこだわらないが、弄繰り回した後の野菜だと思うと
「これって汚いよね」と思ってしまう。タイ人は一向にそんなことにこだわらない。
電車の吊革も拭いてから触るような、清潔好きな人はタイでは食うものがない。

合鴨のパストラミと茹でた白菜にナムプリックをかける。
パストラミは水分がないのでご飯と食べるとぱさぱさする。
唐辛子の辛味があるとご飯と一緒に食べられる。
弁当の底に白菜から出た汁とナムプラが混ざった汁がたまっている。
この汁をご飯にかけたらうまかった。

2006/11/16

|

« パクチーの味噌汁 | トップページ | 発想の違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/4210089

この記事へのトラックバック一覧です: 合鴨のパストラミ:

« パクチーの味噌汁 | トップページ | 発想の違い »