« 合鴨のパストラミ | トップページ | パッカパオヌア牛肉の炒め物 »

2006年11月16日 (木)

発想の違い

パクチーを味噌汁に入れたのには驚いた。タイ人ならでわの発想だ。
日本人は絶対にパクチーを味噌汁にいれようなんて考えない。
逆に日本人ならでわの発想と言うものもあろう。

たこ焼きがタイにも進出している。これは日本人特有な発想だ。
タイ人はタコをこのように食べるなんて気づかないだろう。

トムヤンクンピザというのがある。トムヤンクン味のピザだ。
これはタイ人の発想だ。このピザを食べたらイタリヤ人も吃驚する。
名前は奇妙だが、美味しいピザだよ。

日本人は蓮根を食べる。タイ人は食べない。
俺が蓮根を食べるとヌチャナートは不思議そうな顔をする。
「蓮根の一番美味しい所は何処だか知っているか?」
蓮根なんて食べないからヌチャナートは
「分からないわ」と答える。
「この穴だよ。美味いぞ!この穴が一番美味いんだ。」
「馬鹿ね!」ヌチャナートに軽蔑された。

今度、タイへ行ったら蓮根をとってタイ人に食べさせてみよう。
どんな反応を示すかな?天ぷらでもいいし、酢蓮でもいい。
蓮の根を食べるという発想にタイ人は驚くだろう。
誰も食べないから蓮の根など、何処にでもある。
しかしどうやって蓮の根をとるのか?

日本人はあまり食べないが、タイ人は蓮の実を食べるな。
こうして食べ物や食習慣を比較していると面白い発見がある。

2006/11/16

|

« 合鴨のパストラミ | トップページ | パッカパオヌア牛肉の炒め物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/4210171

この記事へのトラックバック一覧です: 発想の違い:

« 合鴨のパストラミ | トップページ | パッカパオヌア牛肉の炒め物 »