« タイ料理の食器 | トップページ | グルメとタイ料理 »

2006年11月20日 (月)

豚バラ肉の角煮

俺が他の事を考えているのに、ヌチャナートは食事をどうするか聞
いてくる。たしか豚肉にするかと聞いたので「ああそれがいい」と答
えたはずだ。何を聞かれてなんと返事をしたのか覚えていない。
料理を作っている時、和食のような臭いがでていた。
R0018243pct20

弁当箱を開くと豚バラ肉の角煮が入っていた。
見た目は和食だ。椎茸も入っている。
椎茸に味が滲み込んでいて旨い。
一山幾らで安く売っている椎茸だ。
安物の椎茸でも数が集まると実にいい香りがする。
これを煮込んだものは俺の好物だ。
この豚バラ肉の角煮に唐辛子とナンプラをかけて食べる。
こうすると和食のような味からいっぺんにタイ風の味に変化する。
唐辛子の辛味で汗が出てくる。
この汗は運動してでる汗と同じなのだろうか?
もしそうならば、内臓の脂肪を燃やしているのか?
飯を食いながら運動をしているのと同じ効果がある?
タイの女は日本の女よりも痩せてすんなりしている。
足もほっそりしている。
日本のように大根足を見かけない。
これも食べ物のせいだろうか?
タイの女を見慣れたせいか、タイの経済力がよくなったせいだろうか、
最近のタイの女は太ってきたように思う。
色々なことを考えながら豚バラ肉の角煮を食べている。
「ああ、辛いな」
バンダナで額の汗を拭きながら食事を続ける。

2006/11/20

|

« タイ料理の食器 | トップページ | グルメとタイ料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32758647

この記事へのトラックバック一覧です: 豚バラ肉の角煮:

« タイ料理の食器 | トップページ | グルメとタイ料理 »