« 合鴨のシチュウ | トップページ | ゲンヌア »

2006年11月 1日 (水)

イサーンの米

タイの東北部をイサーンと言う。イサーン地方はもち米をよく食べる。
このもち米をラープなどイサーン料理と一緒に食べると美味しいのだ。
ラープの辛味をもち米の甘みが消してくれる。
冷たいビールがあったらことに美味い。

日本ではもち米を潰して餅にして食べる。
ヌチャナートはもち米が原料になっている餅も大好きだ。
餅をちぎると、米が糸のように伸びる。
それが面白いらしい。
「こんなに伸びたわ」と子供のように喜んでいる。
「ヌー!餅は年寄りには危険なんだよ」
「あら、どうして」
「飲み込めなくて喉につかえるんだよ」
「あらそうなの?」
「イサーンでも、もち米を飲み込めなくて死ぬ年寄りがいるだろう?」
「そんな年寄りはいないわよ!」
「ふーん・・・」
「子供も年寄りも、みんなもち米を食べているわ」
米粒のままもち米を食べても危険はないのだ。
餅にすると危険なのだ。

2006/11/1

|

« 合鴨のシチュウ | トップページ | ゲンヌア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/4032993

この記事へのトラックバック一覧です: イサーンの米:

« 合鴨のシチュウ | トップページ | ゲンヌア »