« またゲソ焼 | トップページ | ガイヤン、泥葱、エリンギ »

2006年12月12日 (火)

白菜と鶏肉のナムスップ

今日のお弁当のおかずは白菜と鶏肉のナムスップだった。
いつもは唐辛子が弁当についているのに、今日はついていない。
「今日は唐辛子がないの?」
「もう入っているからいらないわ」
食べてみるとほんの少しだけ辛味がある。タイの白生姜とレモン
グラスの茎が入っている。R0018301pct20これを食べてもいいのだが、食べなくて
もいい。 
噛めばいい臭いがするのだが、俺は堅いから噛まない。
食べたくないものは外に出しておけばいいのに、食べなくては悪い、
作った人に失礼だと思って無理して食べる人がいる。
レモングラスなんてそれこそ草を噛んでいるような感じになる。
そうするとタイ料理は不味いということになってしまう。
初めてタイ料理を食べる人には注意してあげなくてはいけない。
バンコックでは生胡椒が沢山入った料理よく見かける。

俺だって知らなかったから、生胡椒も食べなくてはいけないと思い
一生懸命に食べていた。
「それは食べなくてもいいんだよ」とタイ人に教わった時はほっと
したものだ。6-7センチほど連なり、鈴なりになった生胡椒を
食べると辛い。

そうそう、このナムスップだ。白菜が柔らかで美味しい。
スープには鶏の出汁がきいている。

クチコミblogランキング TREview

2006/12/12

|

« またゲソ焼 | トップページ | ガイヤン、泥葱、エリンギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8464317

この記事へのトラックバック一覧です: 白菜と鶏肉のナムスップ:

« またゲソ焼 | トップページ | ガイヤン、泥葱、エリンギ »