« ヤンプラムック(イカのサラダ) | トップページ | 蕪のスープ »

2006年12月 4日 (月)

焼き肉弁当と泥葱

今日の昼飯の見かけは日本の食事とあまり変わらない。牛の
薄切りに塩胡椒をしてフライパンで焼いただけだ。粗挽きの黒胡椒
を使っている。 R0018286pct20
粒胡椒をミルで引いた物だ。
もっと細かい胡椒が欲しくともこのミルは粒の調整ができない。
粗挽きにしかならない。タイで買ってきたミルだ。
このような物をタイで探すとなると意外と時間がかかる。
テレビや洗濯機なら大きいから店員に聞かなくても何処にあるか直ぐにわかる。
ミルのように小さい物だと何処にあるのか目に付かない。
家庭用品を売る店を探すのはそれほど困難ではない。
店に入って「胡椒を引くミルが欲しい」とタイ語で言わないと多くの
場合駄目だ。バンコックでも観光客相手の土産物屋なら英語が
通じるが、一般の店では英語なんて通じない。
ましてちょっと田舎に行ったらタイ語しか通じないと思った方がいい。
このミルもやっと見つけ出して買ったものだ。タイでは生活必需品
は安い。胡椒用のミルなんて贅沢品ではないが、無くても困らない
品だ。このような品物の値段は日本と余り変わらない。
不要不急の品物で日本よりも遥かに安い物がある。
そのような物は直ぐに壊れるから笑ってしまう。

そうそう、焼肉の話をしなくてはいけない。肉は薄切りだから柔ら
かい。薄切りの肉で噛み応えがあるというのは聞いたことがない。
なにしろウチが買う肉は安い物ばかりだ。
どんな硬い肉でも薄く切れば柔らかな肉と感じる物だ。
胡椒の香りが効いて今日の弁当は旨い。ここまでは申し分ない。
もともとは硬い肉なのだ。だから肉の繊維が歯の間に挟まる。
食後は歯を磨いて一生懸命に挟まった肉の繊維をとり除いた。
こんな生活を笑いながら楽しんでいる。この泥葱は実に旨い。
焼きたてだったなら本当に美味しいのに。
弁当で食うのは残念だ。泥葱の焦げ目の香りがいいのだ。

クチコミblogランキング TREview

2006/12/4

|

« ヤンプラムック(イカのサラダ) | トップページ | 蕪のスープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8453160

この記事へのトラックバック一覧です: 焼き肉弁当と泥葱:

« ヤンプラムック(イカのサラダ) | トップページ | 蕪のスープ »