« 普通のコーヒー | トップページ | イカの串焼き »

2006年12月 2日 (土)

胡瓜の炒め物

日本人は胡瓜は生か漬け物にして食べるだけだ。ヌチャナートは
胡瓜を炒める。生で胡瓜を食べる時でもタイ人は胡瓜の皮を剥い
て食べる。炒める場合も胡瓜の皮を剥いてから炒める。
どうやらタイ人は胡瓜の皮は食べる物ではないと思っているらしい。
R0018269pct20 日本人皮を剥かずに胡瓜を食べているのをタイ人が見たら「皮も剥かずに胡瓜を食べるなんて日本人は野蛮な人種だ」と思うかもしれない。
胡瓜一本で食文化、食習慣のの違いを見て、なんだか溜息のようなものがでる。

胡瓜の炒め物の味ですか?うーん、何というのかな?柔らかでしなやかな歯触りだ。
今日の料理は胡瓜もみと豚肉の炒め物を混ぜ合わせた味と思えばいい。
こういう食べ方も美味しいもんだ。
この料理には豚肉もトマトも入っている。

ああそうそう、ヌチャナートは普通の大きさのトマトは使わない。
ミニトマトしか使わないのだ。中位の大きさのトマトを買おうと言っ
ても買わない。まあ習慣の違いだろうか?
俺は生のトマトを齧るのが好きだから大きなトマトを買おうとする。
それを見るとヌチャナートは「要らないわ、小さいのでいいのよ」
と言う。なかなか大きなトマトを食えない。
ご機嫌がいいと、俺が大きなトマトを買うのを黙ってみている。
大きなトマトは楔形に切って、ほんの少量ずつ料理に使う。
トマトは大量に使わないのでミニトマトで充分だと考える?
それにミニトマトなら長持ちするけど、大きなトマトを切ってしまうと
長持ちしない。主婦の経済感覚から出ている考え方かもしれない。

この胡瓜の炒め物にナンプラと唐辛子のソースをかける。
こうすると味が一層濃くなる。唐辛子に当たるとぴりっと辛い。
俺にはぴりっとした辛みに感じたが、普通の日本人が食べたなら
激辛だろうな。

クチコミblogランキング TREview

2006/12/1

|

« 普通のコーヒー | トップページ | イカの串焼き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8452822

この記事へのトラックバック一覧です: 胡瓜の炒め物:

« 普通のコーヒー | トップページ | イカの串焼き »