« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »

2006年6月 9日 (金)

ガイヤン

R0017165pct20

「今日のお昼はガイヤンよ。食べるでしょ?」鶏肉をグリルで焼くだ
けだから簡単だ。
しかし、焦がさないように焼くには気を使わなくてはいけない。
焼きあがったガイヤンを小さな器に入れてしまうので、綺麗に焼

たかどうか写真を見ただけでは分からない。
ああ、写真がピンボケだから余計わからない。
まださやえんどうが残っていたのだ。今日の弁当もさやえんどう

入っている。嫌いじゃあないから、まあいいっか。

鶏肉もいいが、鴨肉も美味い。時々、駅ビルの地下の店で売って
る。ヌチャナートは鶏より鴨肉の方が好きらしい。
今度、タイに行ったら鴨料理の店で食事をしよう。
エジプト人は鳩を食べるために飼っている。
「タイ人は鳩を食べ
るか?」と聞いたら食べると言う。
鳩も食べてみよう。鶉は食べる。日本のタイ食材店でも鶉は売っ

いる。ヌチャナートが鶉を料理した。どうやって食べたのか覚えて
いな
いが、骨までぽりぽり食べたと思う。
また鶉料理を作ってもらおう。これも美味しかった。

タイの屋台に一人で入った。
「なんにしますか?」
「そうだな、これにしよう」硝子のケースに入った鶉を指差した

タイ語なんて分からないので、英語で注文した。
店員も英語なんかわからないのに、ニコニコ笑って鶉をケースか

取り出した。お互いに言葉が通じないのだから、なにも英語で話さ
なくてもよ
かった。日本語でもよかったのだ。
夜風に吹かれながら冷たいビールを飲んで料理ができるのを待っ
た。
「お待ちどうさま」店員が料理を運んできた。
俺は鶉を丸ごと焼いて出すのかと思っていた。鶉の丸焼きを想像

ていたのに、店では鶉を細かく切って調理した。
「鳥は何処に入っているんだよ?」
「この中に入っています。」
丸い鶉の姿は大きいように見えるが、腹の部分は空洞だ。
細切れ
にすると肉はほんの少量しかない。
本当に肉を全部入れたのかなあ?疑いだしたらきりがない。
なんだか騙されているような気がしたが、美味い料理だった。

2006/6/9

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 8日 (木)

春雨の炒めもの

R0017162pct20

今日の弁当は春雨の炒め物だ。パトウンセンとか言っていた。
よくまあ、詰め込んでくれた。食事は少なめにしようとしているのだ
が、なかなか理解してくれない。飯の量も多い。
タイでは飯を食えなくて死ぬ人がいるから、どうしても沢山たべ
させようとするみたいだ。
俺が気がついた時は飯とおかずの量を減らす。
「そんな少しでいいの?」とヌチャナートはいつも驚く。
少なめにしないと肥満が原因の病気になる。
今の日本は食いすぎなのだ。少なめ、少なめで丁度いいのだ。

山盛りになった料理の上に赤い唐辛子が乗っている。
さやえんどうの緑に赤い色が冴えている。
多分、二本分の唐辛子だろう。
和食だったなら、これで一週間分以上の唐辛子だろうな。
「辛いもの大好き」と言う人でもこんなには唐辛子を一回に食わな
いだろう。ヌチャナートは俺が唐辛子を食うのを見て、
「サミイはタイ人みたいね」と笑っている。
今日の弁当はいつもと味が違う。塩味が少ない。
ヌーの体調が悪いのかなあ?
唐辛子とナンプラを入れると丁度いい味になる。
安いので大量に買った椎茸を今回は乾燥させないらしい。
その代わり、椎茸を毎日食べさせられる。
今日の弁当にも椎茸が入っている。

2006/6/8

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚の丸焼き

Hpim0141pct15

英国から豚の丸焼きの写真を送ってきた。
俺が食べたタイの豚の丸焼きとはちょっと違う。
丸焼きというと丸い図体を想像する。
タイの豚は丸ではなくてまっ平らだから、豚の平焼きだ。
タイの豚は全て平焼きにするかというとそうではない。
タイの国道を走っている時、英国と同じように丸焼きを売っている
のを見た。俺が思うに、丸焼きはタイ族の焼き方で平焼きは中国
系タイ人の焼き方なのだ。

R0013930pct40

走る車から丸焼きの豚を見た時、「止まってくれ!」とタイ語で
怒鳴っても運転手には通じなかった。車は豚から離れて行った。

ある時は後で買いに来ようと思っていたが、買いに行くのを忘れた。
思い出して買いに行く。
確か、この辺で売っていたはずなのに、いざ探すとみつからないも
のだ。残念でした。見つかりません。
あるいは売り切れていたのかもしれない。

その次にタイに行った時には豚の丸焼きを売っている店はなかった。
そんなこんなでタイで豚の丸焼きを食べる機会がなかった。

英国の初夏だ。緯度が高い英国は仕事を終えてもまだ外は明るい。
写真を見ると昼間のパーティのように見えるが、実は夕方なのだ。
この豚を焼くのに6時間かかる。
じっくり時間をかけて焼き上げて、みんなで食べる。
こういう野生的な料理っていいよな。大好きだ。

日本では子豚を丸ごと一匹買うのは困難だ。
養豚場に行って買ってこなくてはいけない。
子豚が手に入っても丸焼きにする道具がない。

豚の丸焼きの関連記事はここにあります。

子豚の丸焼きは   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_501d.html

2006/6/8

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フカひれスープ

昔は鯨肉なんて安いものだったが、今は鯨は高級魚だ。
捕鯨禁止条約のとばっちりだ。

鯨肉を売っていた。これは珍しい。ヌチャナートに食べさせてあげよう。
魚が好きなヌチャナートが喜ぶと思って買ったのだ。
ヌチャナートは鯨肉を知らなかった。
「このお肉はなーに?」
「これは鯨だよ」
「えっ?!」ヌチャナートは驚いていた。
鯨と聞いてヌチャナートは気味悪そうにしていた。そしてもうそれ以上その鯨肉を食べようとしなかった。

鮫肉の時も同じだった。日本では鮫をよく食べる。刺身で食べる地方もあるくらいだ。
鮫を煮た後にできるにこごりが美味しい。
にこごりが食べたかったのだ。
「この魚はなあに?」
「これは鮫だよ」
「えっ?!あの人を食べる鮫なの?」
「そうだよ。」
この時も気味悪がって鮫を食べなかった。

タイ人は昆虫でも蛙でもなんでも食べてしまう。
当然、鯨も鮫も食べると思っていた。
誰かが言っていた。何処の国でも蛋白質に順位をつける。
日本では上から牛豚鶏の順に並ぶ。1から3位までは普通の食べ物だ。
羊になると4位でそろそろゲテモノに近づく。7,8位になるともう完全にゲテモノになってしまう。
タイ人にとっては鯨、鮫はゲテモノなのだ。
それなのに彼らにとって昆虫はゲテモノに入らないのだ。

ヌチャナートはサメ肉は食べないのに、フカひれスープはちゃんと食べるのだ!
「美味しい」と言いながらフカひれスープを食べていた。
いくら食材が安いタイでもフカひれスープはやっぱり高い。
フカひれスープを出せる料理店は高級な店だけだ。
高級店で出すフカひれスープは食べるのに、家のサメ肉は食べない。
差別だ!!!

2006/6/8

|

2006年6月 7日 (水)

焼肉と椎茸の煮付け

弁当を開けると真っ黒なものがある。なんだこれは?
よく見ると椎茸の煮付けだ。
いつ何処でこんな料理を覚えたのだ?
食ってみると、いい味付けになっている。塩味もちょうどいい。
ちょっと砂糖が入っており甘くなっている。
これは和食の味だ。

R0017160pct20

焼肉の方はニンニクをかりっと炒めて香ばしくさせる。
これを作っていた時は部屋中にニンニクの臭いが立ちこめた。
この臭いを嫌う人には耐えられない臭いだ。
しかし、これは食うと美味いのだ。
ニンニクをかりっと炒めるのは簡単なようでちょっと難しい。そういえば、この料理はタイの屋台やレストランで食べたことがない。
多分、俺は食べていない。
これは家庭料理なのかなあ。
この味なら、日本人でも食べられる。辛い唐辛子はお好みで加減して加えればいい。
ナムプラと唐辛子で味付けしたからタイ料理かな?
ニンニクをこんなに沢山いれないけれど、日本の普通の家庭でもこのような味付けの焼肉をつくる。
これは現代の和食と言ってもいいかもしれない。

2006/6/7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜のリサイクル

R0017158pct20

ベランダで取れたニンニクと玉ねぎだ。先日は取り立てのものを
紹介した。これは乾燥したあとの姿だ。
青い芽がでたニンニクの一粒、三日月型の蜜柑の一粒のような
ものを植えておいて育ったものだ。
芽が伸びて青い茎や葉がでる。それを切っては料理に使っていた。
玉ねぎやニンニクにしては たまったものではない。
一生懸命に伸びよう、生きようとしているのに、葉や茎を次々と切ら
れて食べられてしまう。
それでも頑張ってこれだけのものに成長した。
これもまた食べるんだ。
青い芽が出たニンニクは普通の家庭では食べずに捨ててしまう。
つまり、廃品、不用品、もっと悪く言えばゴミなのだ。
ウチは捨てないで植えておく。
これって野菜のリサイクル、廃品利用?エコライフ?
野菜を無駄にせず、美味しく楽しく食べられるのだから、これでいいよね。

2006/6/7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

味噌みたい

香辛料を練り上げて売っている。これでトムヤンクンなどを作るらしい。
その売り方を見ると、日本の味噌屋が味噌を売っている姿に似ている。
味噌を山盛りにするように、練り上げた香辛料を山盛りにして売っている。
ヌチャナートは味見をしながら、「これと、これ」などと買い物をする。
俺達があの味噌のようなものを味見しても、味の微妙な差など分からない。
どれを食っても辛くて舌が痺れて同じ味になってしまう。
庶民が買い物をする市場でも同じようなものを、味噌の山盛りのような形で売っている。
ヌチャナートはこの味噌のような練り物を日本のデパートのような場所で買った。
日本人には当たり前のような場所だが、タイの一般庶民にはデパートは高級な場所なのだ。
一般の人々はごみごみした市場で買い物をする。
市場の喧騒は活気があって楽しい。
そこで珍しい食べ物を探すのだ。これも楽しい作業だ。
新しい食べ物を見つけるとわくわくしてしまう。
話が脇にそれた。味噌のような物の話をしていたのだ。
「市場で売っているものは美味しくないわ。デパートで売っている方が美味しいのよ」
「ふーん」
「市場の物は安いけど、辛いだけで香りがないのよ。」
値段を聞くと、市場ではデパートの半額の値段で同じようなものを買えるのだ。
しかし、市場の物は安い唐辛子を大量に使って増量している。
香り付けの香草などは高価なので少量しか使わない。
だから市場の物は辛いだけで不味いらしい。
この味の差が分かるようになるには修行が必要なのだ。
大人になってから、1年2年、毎日三食タイ飯を食べてもこの味の差を見分けることができないだろう。
子供の頃からこのような味と香りを知っているので、タイ人はこの味噌のような物の微妙な差がわかるのだ。

2006/6/7


|

鶏肉と野菜のシチュウ

R0017161pct20

このように言えばいいのかな?ヌチャナートも名前を知らないら
しい。
要するに適当なものを鍋にぶっこみ、煮ただけだ。
でも美味いよ。名前を聞いたら、「うーん」と考えながらたしか
ゲンガイサイパクとか言っていた。
鶏肉と野菜の煮込みなのだ。野菜の中には苦瓜の葉っぱも入って
いる。苦瓜の若い葉をほろ苦くて美味しい。
初めて食べたが、美
味しさに驚いた。
ヌチャナートは食べ物を盛る器に気を使わない。
文句を言うと「そんなものなんでもいいじゃない!」と怒る。
「この器はな、中華料理に使うものだ!例えばだな、ラーメンを
盛る
時にこの器を使うのだ。
こっちの器は味噌汁以外につかって
はいけないのだ」
「あらそう?この器は綺麗じゃない。あたし、これが気に入っている
よ!」全く相手にされない。
日本では食器ごとに盛る食事が違う。お椀にご飯を盛ることはな
い。
小皿に入れるのは刺身用の醤油。あるいは沢庵二切れ。
小鉢に入れるのはおしんこ、酢の物・・・・・と決まっている。
この料理の話をしなくてはいけない。
あんまり辛くない。この出汁がうまい。俺がもっと野菜を食べる
よう
にと作ってくれた料理だ。野菜を一生懸命に食べた。

2006/6/7

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

豆腐のトムチュート

R0017157pct20

「トムチュート食べる?好きでしょ?」
「好きかどうか分からないけど食べるよ」
「豆腐のトムチュートよ」
「・・・」
「鶏肉と野菜を入れるのよ。好きでしょ?」
「食べなきゃ好きかどうか分からないよ」
「椎茸も入れるわ。春雨も入れるのよ。」
「愛も入れてくれよ」
「ハハハ・・・!沢山入れるわ。」

これが愛で味付けした豆腐のトムチュートだ。
トムチュートと言っていたが、盛り付けて出してきた時にはタイ
スキ
と言っていた。まあ、タイスキもこんなものだ。
タイスキがトムチュートの範疇なのかトムチュートがタイスキの
範疇
なのかわからない。
難しいことはさておいて、美味けりゃいいよね。
いい出汁がでている。この出汁が美味い。
肉や野菜をナムチムにつけて食べる。ニンニクと唐辛子が効いた
ナムチムは美味いのだ。
ピリッとした辛味がお気に入りだ。

今日はちょっと作り過ぎたようだ。余ったものはカオツムか何か
変身する。

2006・6・6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

さやえんどうと挽肉

昨晩は機嫌が悪かったのか、「明日のお弁当はないわよ!」と
ぴひゃりと宣言された。
弁当がなくても困らないが、食堂まで食いに行くのが面倒だなあ!

R0017156pct20

朝になった。まだ機嫌が悪いのかなあ?
機嫌を損ねると怖いので、びくびくしながら、そっと「朝だよ!」と
起こす。
ぐっすり寝たらしく、朝になったら機嫌は直っていて、いつもの通り
弁当を作ってくれた。

さやえんどうと挽肉、それに生椎茸を入れて炒めたものだ。
この上にナンプラと唐辛子のソースをかけた。
さやえんどうは好きなんだ。彩りも綺麗だ。
野菜を取らなくては駄目だと言って、昨晩も野菜を沢山食べさせられた。
そのくせ、サダムにはイカと海老ばかり食べさせている。
猫だって野菜を食わせなくちゃ駄目だと思うな。
サダムもサダムだ!好きなものだけをたべていて、糖尿病になって
も知らないぞ!
猫だって糖尿病になると思う。

2006/6/6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏肉と椎茸

R0017155pct20

生椎茸があった。この八百屋はいい加減なところがあって、いちいち
重量を測らない。適当に山盛りにして、一山幾らで売っている。
その大雑把なところが気に入っている。
普通の八百屋では売っていない青いパパイヤもある。タイの食材店
で買うより安く買える。ヌチャナートが好きなソムタムを作るのかと
思って、パパイヤを買おうとしたら「いらない」と言う。
ライチーがあったので、そちらを買った。

椎茸をこんなに沢山買っても一度に食べきれない。こんな時、
ヌチャナートは椎茸を乾燥させて保存しておく。カビが生えたり、
腐らすことはない。生の椎茸の香りはいい。松茸の香りとは違う
が、美味しそうな香りだ。この椎茸を鶏肉と一緒に煮込んだ。
椎茸と鶏肉をナンプラで煮込んだだけの単純な料理だ。
それに唐辛子とナンプラのソースをかけて食べる。
簡単な料理だけど、美味いよ。

2006/6/5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

トムチュート

R0017120pct20

「トムチュートを作るけど、これでいい?それとも他のものにする?」
「トムチュートでいいよ」
苦瓜の芯をくり抜いてそこに肉を詰め込む。これを煮込むのだ。
これが美味いのだ。単純な料理だが飽きがこない。
ほろ苦い味がなんとなくいい。
生の唐辛子と一緒に食べるとより一層美味しくなる。
苦瓜を煮込んだスープは朝食に食べた。
いい出汁がでている。ご飯をこの出汁に入れると美味しいのだ。

2006/6/1

| | トラックバック (0)

牛丼みたいな

R0017125pct20

ここのところ牛スジ肉ばかりだなあ。
また、牛のスジ肉だ。朝、「何とかを食べるか?」と聞かれたが、
聞き返すのが面倒なので「ウンウン」と適当に応えていた。
それのタタリだ。
家に帰ってから「牛のスジ肉は飽きた」などと言ったら、
「だから、朝、これでいいかって聞いたでしょ!」と必ず怒られる。
怒るとおっかないから、黙っていよう。

よく煮込んである。スジ肉は柔らかになっている。コラーゲンが豊富
だから肌や関節にいいはずだ。この味付けは牛丼の味付けだな。
今日は珍しく青い唐辛子が混じっている。
よく熱が通っているので、牛肉はコンビーフのような香りがする。
美味いからと言って、ガツガツ食わない。
よく噛んで食べなくてはいけない。この料理の一番の欠点は肉が歯
の間に挟まるのだ。

2006/6/2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

イサーン風ラープ

R0017131pct20

「イサーン風ラープを食べるでしょう?」
「うん」
うんとは言ったものの、イサーン風のラープとはどんなものなのか
知らない。イサーンというのはタイ東北部のことだ。
この地方は土地が痩せているので作物が育たず貧しい農家が多い。
どんなラープだか知らないけど、ラープは好物だ。
「出来たわよ」
皿に乗ったものを見て驚いた。
先日の砂肝のラープと同じものだ。砂肝はコリコリして歯ざわりが
いい。これも美味い。

ラープの関連記事はここにあります。

ラープ    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_6709.html
ラープ    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_6709.html
今日のラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_d8e4.html
海老のラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_62b7.html
ラープを食べる   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_11c4.html
ラープをニ品   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_92b1.html
イサーン風ラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_baa0.html
苦いラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_40dc.html
砂肝のラープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_67bd.html
ナムトクかラープか   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_68c6.html

2006/6/3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お粥

R0017147pct20

「お腹が空いたら言ってね。お粥を作ってあげるわ」
こんな優しい言葉をかけてくれる時もある。
ゴミを出して来いとか、ご飯を炊けと命令することの方が多い。
腹が空きだしたのでお粥を作って貰う事にした。
ヌチャナートが作るお粥は美味しいのだ。
生姜と一緒に食べるとおいしい。
俺がタイの桜海老と呼んでいる乾燥した小海老と一緒に食べると
なお一層美味しくなる。
「掻き回して食べるのよ」
R0017148pct20

母親が子供に言うように、俺に食べ方の指示をする。
この海老は日本の桜海老のような乾燥臭がない。
肉厚で美味い。

2006/6/3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイの桜海老

R0017148pct20_2

これは桜海老ではないけど、俺はタイの桜海老と呼んでいる。
小海老を乾燥させたものだ。
この海老に酢と砂糖、玉葱、生姜などを混ぜ合わせる。
勿論、唐辛子は入る。
こうして食べるとこの海老は美味い。
酒の肴にいい。
これをお粥に入れても美味い。

2006/6/3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のご飯

R0017154pct20

これがウチの猫のご飯だ。猫の飯だけどこれも「ウチの料理」の仲間
なのだ。猫のサダムはイカと海老が大好きだ。最初はイカだけを
あげていた。ある時、ヌチャナートが海老をあげた。
美味しそうにサダムは海老を食べた。それ以来、ヌチャナートは
海老を買ってきてはサダムにあげている。
猫でも海老を食べたい時と食べたくない時があるらしい。
猫が食べない海老を使ってトムヤンクンを作り、俺に食べさせるのだ。

2006/6/4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月28日 - 2006年6月3日 | トップページ | 2006年6月11日 - 2006年6月17日 »