« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »

2006年8月 5日 (土)

鶏肉料理

この料理の名前を聞けばいいのだが、聞き忘れた。今日は、料理
の名前より辛味に興味があった。
「今日は辛くないわよ。普通よ」
「何本入れたの?」唐辛子を何本入れたのか聞いたのだ。
「二本よ。普通よ」
この位の量の料理には唐辛子を二本くらいいれるのが普通の
辛さなのだ。タイ人の感じる普通の辛さは唐辛子二本と理解した。
先日ヌチャナートはソムタムに唐辛子を十本入れて一人で食べ
てしまった。今日の料理は辛いか?
それほど辛いとは思わない。俺もタイ人的な感覚になってきたのだ。
赤い唐辛子と鶏肉を一緒に食べると、口の中が熱くなる。
でも口の中が火事にならない。昔はこんなことをしたら、口の中が
大火事になる。今は、ちょっとピリピリするだけで、火事になり感覚
が麻痺することはない。
このような料理一人前には唐辛子二本が普通の辛さと覚えておこう。
R0017459pct20 辛い物と言ったらこの倍以上が入ることになる。
ヌチャナートは辛い物が好きだから五本は入れるだろう。

タイで料理を注文する時、普通の人は英語で注文する。
そうするとウエイトレスが「Spicyにしますか?」と聞いてくる。
その時、間違っても「Yes」と言ってはいけない。
辞書を見ると「spicy」は「香り高い」と言った意味が書かれている。辞書の訳語は間違っていないが、タイではちょっと意味がちがうのだ。
辞書をそのまま鵜呑みにしてはいけない。タイ人が考える「香り高さ」
は唐辛子の香りなのだ。唐辛子以外にも多くの香草を使うのだが、
そちらの香りは問題にしないようだ。唐辛子の香りの強さを強く
するか、弱くするか聞く言葉がSpicyなのだ。
うっかり「YES」なんて言おうものなら、飛び上がってしまうほど辛い
料理がでてくる。
残しては失礼かと思い、俺は一生懸命に食べたがとうとう降参した。

2006/8/4

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 4日 (金)

記事のその後

ヘチマ料理をアップロードした直後に日本でもヘチマを食べる話を
思い出した。インターネットで調べると九州沖縄ではヘチマを食べ
ているのがわかる。珍しい食材と思ったのは関東者だからだ。
この辺のスーパーではヘチマは売っていない。
民族料理の食材を売っている商店街に行かないとこんな食材は
手に入らない。
俺はタイでヘチマを食べたことがあるそうだが、いつ食べたのか
覚えていない。ヌチャナートが料理を作ってくれたのか、レストラン
で食べたのかもしれない。
しかし黙ってだされてもヘチマだなんて気づかない。
普通の野菜だと思って食べていたことだろう。

スルメを作り始めた時は長雨の真っ最中だった。
なかなか乾燥しない。やっと晴れ間が出た。これで乾燥するぞと
喜んだのも束の間だった。
いままで静かにしていた微生物が活発に活動を始めた。
ひでえ、臭いがする。窓を開けると臭いが部屋の中に飛び込ん
でくる。もう暫くの我慢だ、まもなく乾燥する。
乾燥すれば臭いはなくなる。我慢に我慢を重ねた。
あまりの臭さに閉口してスルメを捨てることにした。
スルメを作るならお天気を見極めてから作らなくてはいけない。
半干し状態の時に半分くらいを取り込んでおけばよかった。
半干しのイカを焼くと柔らかで美味しいのに惜しいことをした。
空気が乾燥した冬なら上手にできるかもしれない。
ヌチャナートはこれに懲りたらしく「もう作らないわ」と言っている。
「こうすればいいのよ。スルメを買うより自分で干したほうが安いわ」
なんて言っていたのに、結局、高いものについてしまった。

2006/8/3

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏肉と椎茸

今日はなにを食べたいのかヌチャナートが聞く。そんなことを聞か
れても困る。何でもいいから作ってくれればいい。
「茸と何かを煮た物を食べる」
「何か」が何を意味しているのかわからない。いちいち「何か」は
なんのことなのか聞いているのも面倒だ。
「うん」と返事をしていたら、こんな料理になってしまった。
最近は似たような料理ばかりだ。このまま食べても美味しい。
普通の日本人はこのまま食べるだろう。黙って出せば和食だと
思う。ウチの場合はここに生の唐辛子が加わる。

R0017456pct20
この唐辛子のピリ辛さがあると味が一層引き立つ。
ちょっと見た目は悪いけど味はいいのだ。スープには美味しい鶏の出汁がでている。スープだけでも美味しい。
タイ料理と和食の中間みたいな料理だ。
これならタイ人でも日本人でも喜んで食べるのではないかな。

2006/8/3

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 3日 (木)

酸っぱい竹の子

今日は醗酵させて酸っぱくなった竹の子と豚肉を炒めた。
「唐辛子は二本でいい?」
「ああいいよ」
はっきり言って二本の唐辛子がどのくらい辛いのかわからない。
食材に油がなければ二本の唐辛子はかなり辛い。
油があればそれほど辛くないはずだ。なんだか分からないけど
料理に唐辛子を二本いれることに合意した。
ヌチャナートは唐辛子を二本加えて醗酵した竹の子と豚肉を炒
めた。この料理だと二本の竹の子はそれほど辛くない。
初めてこの料理を食べる日本人にはかなり辛いはずだ。
俺にとってはちょうどいい辛さだ。R0017457pct20
日本の料理で似たような料理は豚肉の生姜焼きにだ。
竹の子の酸味がちょっと生姜焼きとは違う味にしている。
辛味を調整すれば日本人にも十分に受け入れられる味だ。この味が日本の大衆食堂のメニュウに入ったら嬉しいな。
だって美味しいんだもん。

2006/8/3

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年8月 2日 (水)

ガイヤン・焼鳥

帰宅前に電話をした。家に着くと料理を作っている最中だった。
「お腹、空いたでしょう?ガイヤンを作っているわ。ちょっと
待ってね!」優しく笑って言う。ウチの女王様はこういう時もある。
優しいからっていい気になっていると、ビシっと怒られる。
怒ると怖いぞ!猫のサダムは女王様が怒っていても、欠伸を
している。風呂からあがるとガイヤンは焼きあがっている。
食べやすい大きさに切ってだす。R0017455pct20
これをナンプラにつける。唐辛子の一切れを加える。
ご飯と一緒に食べると、ナンプラの塩味がご飯に移る。
鶏肉の旨味が唐辛子の辛味で引き立つ。
こういう焼鳥の食べ方はタイ飯にしかない。
日本の焼鳥はビールの肴だが、こうやって食べると立派なご飯のお菜だ。夏の暑い日の方が寒い時より美味しいみたいだ。

2006/8/2

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジャックフルーツのシチュウ

今朝、ジャックフルーツの未熟果を使ったシチュウが食べたくなった。
「今晩、作るわ」
「いいよ」
「なんで?」
俺が食べたいのは生のジャックフルーツを使ったシチュウだ。
「タイへ行ったら、作るわね」この料理も美味しいよ。


ジャックフルーツは大木の幹からいきなり果実がでる奇妙な果物
だ。枕ほどの大きな果物だ。完熟果も甘くて美味しいが、未熟果を
料理したものも美味しい。

完熟したジャックフルーツだと思って買ってきたのが、未熟果
だった。隣の主婦が「ちょっと頂戴ね」と言いながら未熟果を
切り取った。
「こんなものをどうやって食べるのか?」疑問に思っていた。
出来上がった料理を隣人が持ってきてくれた。
食べたら美味しいのだ。初めて食べたのに大好きになった。
また食べたいな。

2006/8/2

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚肉とパパイヤ

R0017454pct20今日の料理は辛いと言われていたが、本当に辛い。
青いパパイヤと豚肉を一緒に煮たものだ。
パパイヤもこのように煮ると美味しい。
大根の煮物のような感じだ。
イカと大根の煮物が和食にある。
パパイヤとイカを煮たら美味しいのではないかな。
ヌチャナートに提案したら一笑された。
辛い汁と肉を白いご飯に載せる。ご飯の甘みと辛味が一緒になる。唐辛子の辛味をご飯の甘みが消してくれる。
辛いからご飯を一生懸命に食べる。
暑くて食欲がなくなった時にこれを食べるといいかもしれない。

2006/8/2

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米とご飯

日本人もタイ人も米を主食にしている。
「米」という日本語とタイ語について考えてみた。

日本語では米とご飯は違う。
生の米粒が「米」で米粒を炊き上げたものが「ご飯」だ。
「米」と「ご飯」を日本語は明確に区別している。
タイ語は「米」も「ご飯」もカオという同じ言葉を使い、「米」と「ご飯」を
区別しない。

タイ語で「米がない」というと生活の困窮状態を表す。
日本語でも「米がない」というのは「食べるご飯がない。苦しい生活」
という婉曲的表現だ。この場合はタイ語も日本語も同じだ。

日本語もタイ語も「ご飯」は「食事」を意味する。これは共通だ。
しかし日本語では「米」と「ご飯」を明確に区別しており、
「ご飯」を意味して「米」と言うことはない。
「ご飯、食べる?」と言えば食事だなとわかる。
「米、食べる?」と言われたら、生米をボリボリ食うのかと思う。
絶対に「米、食べる?」と言うことはない。
日本語の「ご飯」は「食事」と同意語だ。
しかし日本語の「米」と「食事」は同意語ではない。


タイ語の場合、「米」も「ご飯」も同じ「カオ」という言葉を使うので、
食事を意味する「カオ」が米を示しているのかご飯を示しているの
か曖昧だ。
タイ語の「カオ」が食事を意味するのが分かって貰えたと思う。

俺はいい加減なタイ語で生活をしている。
ヌチャナートが寝ぼけながら食事の準備を命令する。
俺はその命令に「はいはい」と従っている。
そのようにいつの間にか仕付けられた。
命令は「カオ」「氷」と言っているのが分かった。この他は何を言って
いるのか分からない。
「分かったの?」
「分からない」同じ事をもう一度言う。
カタカナで書くと同じだが「カオ」は米という
意味と「入る」と言う
意味がある。(音調が違う)
「昨日の残飯を冷凍庫に入れろ」と命令しているのだと推定した。
「分かった」というと、ヌチャナートはまた寝てしまう。
「良く寝るなあ」と感心しながら、女王様の命令に従って残飯を
冷凍した。女王様は起きてきて、おっしゃるのだ。
「サミイは分かってないのね!カオを冷凍庫から出しておけと
言ったのよ!」
冷凍庫に入っている肉を出しておけと言ったのだそうだ。
そんなら「カオでなくて肉(ヌア)と言えよ」と思ったが、逆らえ
ないのだ。
ここで俺はタイ語をもう少し深く理解した。
タイ語で「カオ」という場合は「食事」と同時に「食材」も意味する
のだ。つまり、「カオ」は「米」「ご飯」「食事」「食材」も意味するのだ。

「カオ」で食材を意味するのは、ヌチャナートだけの表現かもしれ
ないから要注意だ。
俺はタイ語なんて分からなくてもヌチャナート語が分かればいい
のだから、ウチの中では「カオ」と「食
材」は同じと考えてもいい。
俺が使う言葉はヌチャナートから覚える言葉なので、タイで話を
すると「オカマ言葉」と思われるかもし
れないな。

2006/8/2

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日と似ている

R0017438pct20 今日の飯は昨日の飯に似ている。
「昨日は鶏肉で、今日は豚肉じゃないか。同じ飯じゃないか。」
「違うわよ。昨日は煮た物よ。今日のは炒めたのよ。味が違うわ。」
うん、確かに味は違う。腹が減っている時は何を食っても美味いのだ。唐辛子と一緒に肉を食う。
この刺激がないと飯じゃないような気がするのだ。
少なくとも唐辛子は二本は入っている。
こんなにも唐辛子を食っていれば、乾燥唐辛子をキロ単位で
買ってきてもすぐになくなる。乾燥品以外に冷凍の唐辛子を食う。

先日、出先から電話をかけたらヌチャナートがソムタムを作った
という。
「今、ソムタムの食べているのよ。ああー辛い!美味しいわ。
唐辛子、何本入っていると思う?」
「わかんないな」
「10本入れたのよ。ああー辛い!」
ソムタムのように油っけがない野菜料理に唐辛子を10本も入れた
なら辛いよ。辛すぎるよ。
日本人にはとても食べられない料理だ。

そんな辛いタイ料理に慣らされて、辛い、辛いと言いながら今日も
タイ料理を食べている。

2006/8/1

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月31日 (月)

パパイヤシチュウ

家に帰ると美味しそうな臭いがしている。腹が減っているからだろう。
こんな臭いを嗅ぐと食欲が出るようになってしまった。
近所の人は臭くて迷惑と感じるだろう。
でも文句を言うわけに行かないのでご近所さんは黙っていてくれる。
日本人でも食べられるタイ料理を作っては持って行く。
笑顔で美味しかったというけど、本当は迷惑なのではないだろうか?
風呂から上がると飯が出来上がっていた。
「今日の料理は辛いわよ」
R0017437pct20


覚悟を決めて食べ始めた。
「辛いでしょ?」
「それほどでもないよ」
「サミイはタイ人みたいね」
「そうかなあ?辛味に慣れたんだな。」
食べていると、辛味で汗が出始めた。しかし、辛いとは思わない。
美味い。料理の名前を聞いたが、パパイヤのシチュウと言う意味の
タイ語だった。
まだ青いパパイヤを千切りにして鶏肉と煮込んだものだ。
完熟したパパイヤは甘いが、未熟果を煮ると大根の煮物みたいに
なる。これがパパイヤだと言われなければ日本人にはわからない。

2006・7・31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

牛丼を食べる

今日は朝早く家を出た。昼は何処かで食べるつもりだ。
昼になった。何を食べるか迷った末、牛丼を食べることにした。
この一年間に牛丼を食べるのは何回あったかな?
これで二回目かもしれない。

いつも辛い飯を食っている。たまには辛くない飯を食べるのだ。
牛丼を食べ始めたが、刺激がない。塩味も不足している。
塩っぱいか辛くないと食べられない。
紅生姜を沢山入れた。七味唐辛子も店の人に見られたら恥ずかしい
くらい沢山いれた。
辛味を感じない。蜜柑のよい香りがする。その時、俺は思った。
七味唐辛子というのは香りを良くするためだけに、柑皮やゴマなど
をいれるのではない。
唐辛子の辛味を薄めるためにいろいろな物を混ぜているのだ。
タイ料理では唐辛子をそのまま食べている。
「辛味がないな」と思いながら牛丼を食べていた。
最近、家の料理も辛いと思わなくなっている。
ヌチャナートは唐辛子を控えているのだと思っていた。
いつもと同じように料理をしているとヌチャナートは言う。
「サミイはいつも辛い料理ばかり食べているから、タイ人みたいに
なったのよ」
そうかなあ??

牛丼を食べているうちに汗が吹き出てきた。やはり唐辛子が効き出
したのだ。でも辛いとは感じない。食べ続けるとちょっと舌がぴりぴり
してきた。唐辛子の辛味の効果だ。
唐辛子に慣れてくると、唐辛子の辛味がないと食が進まなくなるようだ。

2006/7/31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉卵でない

ヌチャナートが時々作る卵料理?がある。
料理と言えるかどうかわからない料理だ。
あまりにも簡単すぎて料理とは言わない、言えないのだ。
タイの鶏卵は赤い皮だ。これは軍鶏の卵なのだろう。
この卵を茹でるのだ。卵に熱が通り白味がちょっと固まり始めた時に
卵を湯から取り出す。
そしてコップに卵を割って入れる。
更にナンプラを加える。
卵をスプーンでかき回す。
ただこれだけなんだ。
この卵を飲むのだ。これが美味いのだ。温泉卵とは違う旨みがある。
ナンプラがなかったなら醤油で試してごらんなさい。美味しいですよ。
一度、この卵を飲んで好きになった。
大抵、朝に作ってくれる。昼とか夜には作らない。

生卵に醤油をかけたものを熱い炊き立ての白いご飯にぶっかけて
食べる食習慣が日本人にはある。日本人にはこの卵は実に美味い
のだ。白人にこの卵を食べさせようとしても無理がある。
彼等は卵を生で食べる習慣がないからだ。卵は熱をかけて食べる
ものと思い込んでいる。
このような半生の卵は白人にとっては気味が悪い食べ物だろう。

言葉で言うと作り方は極めて簡単でしょ。
やってごらんなさい。白味の全体をちょっとだけ固めるのは意外と
難しいんですよ。大概の場合、白味の外側が固まってしまうのです。
湯の温度と茹でている時に卵を動かすのがコツだと思う。
白味の外側がちょっと固まっても、味に大きな差はでない。
白い固まりがあると見栄えが悪いだけだ。
今度、作ってくれた時に写真を撮ります。

2006/7/31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏肉と椎茸

今日の飯は和食のようなものだ。鶏肉と椎茸を醤油で煮込んでいる。
この味をヌチャナートは好んでいるようだ。
味が好きなのではなくて、作るのが簡単だから好きなようだ。
これに唐辛子をいれて食べるのだ。
R0017434pct20


こうすると日本人から見ればタイ料理だ。
醤油の味が染みた鶏肉に唐辛子があう。
これも簡単だが美味しい料理だよ。

2006/7/31

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

ヘチマ料理

「ヘチマって、あの風呂で使うヘチマのこと?」
そうです。風呂で使うヘチマです。ヘチマ水とかヘチマコロンを作る、
あのヘチマです。
「あんなもの食べられるんですか?」
こんな疑問が日本人からでてくる。もち論食べられますよ。
ヘチマは食品なのです。ヘチマを漢字で書くと糸瓜となりますね。
ヘチマは立派なウリ科の野菜です。胡瓜と同じ仲間ですので食べる
ことができます。写真を見てください。ほらね、何処でも見かける普通
のヘチマでしょ。これを料理したんです。
R0017429pct20


ヘチマだから固い筋がごわごわしていると思うでしょう?
ところが柔らかいのです。一度食べてみると分かるのですが、
「どうしてこんなに美味しいものを食べないのか?」
と不思議になります。
ちょっと庭があれば簡単にヘチマを作れます。
夏の日陰もヘチマの棚は作ってくれます。
自分の庭からとってきた野菜で料理を作るなんて素敵でしょ。
これがヘチマ料理です。「どれがヘチマなの?」
R0017431pct20

ヘチマはちょっと緑の食べ物です。
「えっ!これがヘチマなの?」
そうです、これがヘチマなのです。
胡瓜と同じでしょ?
美味しいよ!
俺が一生懸命に食べるから、ヌチャナートが嬉しそうに見ている。
本当に美味いと思うものは夢中で食べるもんだよ。
テレビのグルメ番組でよく見る光景は嘘、やらせだよ。
食べ物を口に入れて考えてから
「これは美味しい。甘みがありますね。」なんて言うのは美味くない
証拠だ。本当に美味いもの、好きになる食べ物は口に入れた瞬間
に美味いと感じる。誰かに取られないように、一人で夢中に食べる。
このヘチマ料理もその美味い料理の一つだ。
テレビ番組やグルメ本で紹介するものだけがグルメだと信じている
頭でっかちの偽グルメにはこの美味さはわからないよ。

2006/7/29

クチコミblogランキング TREview

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月20日 - 2006年8月26日 »