« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »

2006年11月18日 (土)

食事と環境問題

最近、サラ金の規制が厳しくなったので、サラ金が町でティシュウを
配らなくなった。俺は町で貰ったサラ金のティシュウのビニールを破
り一箇所に集めて使っている。只で貰える物ならなんでも貰う。。
無料のティシュウで鼻をかんだり、食事の後で手や口の周りを拭く
ナプキンとして使う。一度しか使わないティシュウをゴミ箱に入れて
捨ててしまうのは勿体無い。食事の後の皿をゴミ箱にあるティシュウ
で拭くのだ。そんなことをやっても余り意味がないと思っていた。
洗い流せば下水処理の金がかかる。
ティシュウで拭けば、下水処理の金は余りかからないが、ティシュウ
を燃焼させる金が余分にかかる。水処理に金をかけるか燃焼に金
をかけるかいずれかの問題だと思っていた。
ケチを徹底しようと思ってゴミ箱のティシュウで皿を拭きだした。
面白半分で始めたのだ。これを続けているうちに皿を洗う前に皿
を紙で拭いた方が環境に優しいのではないかと思うようになった。
明らかに使う洗剤の量は減る。これだけでも環境に優しい。
この話を同僚としているうちにもっと環境に優しい方法が見つかっ
た。皿を洗う前に皿をぺろぺろ舐めるのだ。
お行儀が悪いと言われるが環境の視点から見ればこれが一番いい
方法だ。皿を舐めてしまうと、ゴミ箱のティシュウを使う必要がなくな
る。今後はゴミ箱に捨てたティシュウをどうしようかな?
無料で貰ったティシュウを今までは二回使用したのに、皿を舐めた
ら一度使っただけで捨てることになる。
皿を拭く以外に使い道はないだろうか?
食事と環境問題を考えているうちに、また馬鹿な考えがでた。

2006/11/17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パッカパオヌア牛肉の炒め物

唐辛子を三本見せながら、「これだけでいいか?」とヌチャナートは聞いている。
「うーん二本にしておこう」ヌチャナートにしては三本は普通か少ないくらいだ。
普通の日本人の食事なら唐辛子が一本でも大辛だ。
R0018226pct20 これを臼に入れてニンニクと叩き潰す。
この他に香草の乾燥品を水で戻していれる。
この香草はヌチャナートの母が乾燥させてくれたものだ。
「これだけあれば一年は持つよ」と乾燥品をいっぱい作ってくれた。
日本で買ってもそんなに高いものではないけど、母の優しい気持ちが嬉しいのだ。
牛肉と香草をフライパンで炒めるともうもうと目に見えない煙がでて、くしゃみが出る。
炒めているうちに煙が納まりくしゃみも出なくなる。
牡蠣油をいれて味に深みをつける。
それで出来上がりだ。
唐辛子は二本しか入っていない。肉の油などがあるので辛味をそれほど感じない。
二本の唐辛子には種が沢山入っている。
唐辛子の種は平たい。この種が歯の間にきつく入り込んでしまった。
楊枝になるようなものを探したがない。
歯ブラシで歯を磨きながら一生懸命に歯に詰まった唐辛子の種を取り除いた。

2006/11/17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月16日 (木)

発想の違い

パクチーを味噌汁に入れたのには驚いた。タイ人ならでわの発想だ。
日本人は絶対にパクチーを味噌汁にいれようなんて考えない。
逆に日本人ならでわの発想と言うものもあろう。

たこ焼きがタイにも進出している。これは日本人特有な発想だ。
タイ人はタコをこのように食べるなんて気づかないだろう。

トムヤンクンピザというのがある。トムヤンクン味のピザだ。
これはタイ人の発想だ。このピザを食べたらイタリヤ人も吃驚する。
名前は奇妙だが、美味しいピザだよ。

日本人は蓮根を食べる。タイ人は食べない。
俺が蓮根を食べるとヌチャナートは不思議そうな顔をする。
「蓮根の一番美味しい所は何処だか知っているか?」
蓮根なんて食べないからヌチャナートは
「分からないわ」と答える。
「この穴だよ。美味いぞ!この穴が一番美味いんだ。」
「馬鹿ね!」ヌチャナートに軽蔑された。

今度、タイへ行ったら蓮根をとってタイ人に食べさせてみよう。
どんな反応を示すかな?天ぷらでもいいし、酢蓮でもいい。
蓮の根を食べるという発想にタイ人は驚くだろう。
誰も食べないから蓮の根など、何処にでもある。
しかしどうやって蓮の根をとるのか?

日本人はあまり食べないが、タイ人は蓮の実を食べるな。
こうして食べ物や食習慣を比較していると面白い発見がある。

2006/11/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合鴨のパストラミ

塩漬けした肉に粗引き胡椒をまぶして燻製にしたものをパストラミという。
今日の肉は合鴨だ。このパストラミの薄切りとビールはよくあって美味い。
なんで今日は合鴨のパストラミなのかというと、
ヌチャナートが寝坊したからだ。
これはウチで作ったものではない。買ってきたものを薄切りにしただけだ。
ナムプリックをちょこちょこと作って弁当に入れた。
R0018225pct20 茹でた白菜も入っている。栄養的にはバランスがとれている。
ヌチャナートはよく味付けもしないで茹でただけの野菜を食べる。
生の野菜は余り食べないな。

そう言えばタイの屋台では生のキャベツや苦い野菜などが料理と一緒にどさっとでてくる。
食べ放題というところかな。
生の野菜はちゃんと洗ってない、汚い水で洗ったものだから清潔ではない。
大きな笊などに野菜を入れている。客の注文に応じて、その笊をこっちのテーブル
あっちのテーブルに持って行く。
不特定多数の人がその野菜に触る。
前の人が野菜を摘んでは「これはよし、これは駄目」と野菜を選り分けている。
俺は清潔に余りこだわらないが、弄繰り回した後の野菜だと思うと
「これって汚いよね」と思ってしまう。タイ人は一向にそんなことにこだわらない。
電車の吊革も拭いてから触るような、清潔好きな人はタイでは食うものがない。

合鴨のパストラミと茹でた白菜にナムプリックをかける。
パストラミは水分がないのでご飯と食べるとぱさぱさする。
唐辛子の辛味があるとご飯と一緒に食べられる。
弁当の底に白菜から出た汁とナムプラが混ざった汁がたまっている。
この汁をご飯にかけたらうまかった。

2006/11/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パクチーの味噌汁

ウチの料理は変っている。タイ飯ばかり食べている。もうどんなタイ料理がでてきても
驚かないが、今朝はいつもとはちょっとどころかもの凄く違っていたので驚いた。

「ねえ、スープ食べるでしょ?」
「・・・・。うーんそうだな。」
「ナムスップミソがいいでしょ?」ナムスップミソとは味噌汁のことだ。
正しいタイ語かどうか分からないが、ウチでは味噌汁をこう呼んでいる。
最近は味噌汁も上手に作るようになり、おいしい味噌汁がでてくる。
俺は鶏スープが欲しかったが、味噌汁でも良いやと思い始めた。
「うん」

ちょっと待つと味噌汁が出てきた。
緑の濃い葉が浮いている。味噌の色と緑の葉の色合いが綺麗だ。
味噌汁を飲むと緑の葉が一緒に口に入ってきた。
葉を噛むと口中に強い香りが満ちた。
「なんだ、この香りは????これはパクチーではないか!
味噌汁にパクチーを入れる馬鹿があるか!!!」
吃驚したが、可笑しくなって笑い出してしまった。
「何を笑っているの?」
「・・・・」黙っていた。
タイ料理の中でもパクチーの香りは日本人が一番嫌う香りなのだ。
この味噌汁は見た目では味噌汁に三つ葉か芹を浮かべた感じだ。
パクチーの香りは三つ葉や芹に比べるともっともっと強い香りだ。
日本の農家が栽培したパクチーなのでタイのパクチーよりも香りが弱いが、
特有な香りなので、その香りだけが飛び出してくる。
どう言ったらいいかな?
パクチーの香りは味噌汁の中では場違いで居心地が悪い感じの香りなのだ。
俺はこの香りに慣れているから耐えられる。
初めてパクチーの味噌汁を出された日本人は絶対に食べないと思う。

「ああ、いい香りよ」ヌチャナートはパクチー入りの味噌汁を美味しそうに飲んでいる。
「・・・」俺は驚き、呆れ、黙ってヌチャナートの顔を見ている。
溜息をつきながら「これは和食かタイ料理か」考えてしまった。
味噌汁とパクチーの組み合わせは絶対に日本人の発想にはない。
タイ人だからでてくる発想だ。

三つ葉や春菊のように癖のある野菜の代わりとパクチーを見る。
豆腐、油揚げ、わかめ、なめこ、椎茸などと一緒にすると異国の香りが漂う味噌汁になるのかな?
癖のある料理になるから「好きな人は大好き」「嫌いな人は大嫌い」な料理になる。
絶対に中間は無いと思う。
日本にパクチー入りの味噌汁が定着するには時間がかかりそうだな。

2006/11/16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豪華な木造船

チャオプラヤ川に浮かぶ豪華な木造船で食事ができる。
古いタイの王室や豪族が使った船のような印象を受ける。
この船の胴体は丸く大きく膨らんでいる。
船体も床もココナッツの殻でこすったのだろう。
顔が映るのではないかと思うほどぴかぴかに磨き上げてある。
ちょっと奇妙な形だが威風堂々とした貫禄がある船だ。
この船に乗って川風を受けながら食事をした。
食事の最中にタイ音楽の実演がある。
観光客に受けるサービスだ。
ヌチャナートとこの船に乗りこんだ。
綺麗な豪華な船に乗りヌチャナートは大喜びだ。
船の明かりが川面に映りゆらゆらと揺れる。
昼の暑さを忘れさせる涼しい風が吹いてくる。
冷たいビールを飲みながら、両岸の明かりを見つめている。
「綺麗だね」「ロマンチックね」
大きな船や小さな船が川を上ったり下ったりしている。
渡し舟がそれらの船の間を縫って川を横切って行く。
バンコクのチャオプラヤ川は重要な運搬路なのだ。
川で夜も働く人には申し訳ないと思いながら、俺たちはのんびりとしている。
またビールを注文して乾杯した。
食事が運ばれてきた。
ちょっと食べると、外国風の味付けになっているのがわかった。
「これってタイの味じゃないよね」
「そうね」
それに量が少ない。タイ料理をそのまま出したなら外国人は
食べ切れない。
外国人にも食べられるように、辛味を落としている。
そして残飯がでないように少量にしてあるのだ。

今度、この川をクルージングする時はタイ人が多く乗っているもっと大型の白い観光船に乗ろう。
こっちの方が安いと思う。それにタイ人が食べるタイ料理がそのままでてくる。
きっとこっちの船の料理の方が美味しいと思う。

2006/11/14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブロッコリと豚肉炒め

ヌチャナートがいつものように背中から話しかける。
そんなことにかまっていられない。
このメールを早いところ作ってださなくてはいけない。
R0018215pct20 「野菜炒めを食べる?」返事をしないのでヌチャナートはイライラしているらしい。
言葉がとんがっている。
「ああ、なあに?」
「野菜を炒めるか聞いているのよ!」
日本語で物を考えている時にタイ語で話しかけられても俺の頭はついていけない。
キッチンを見るとブロッコリーを用意している。
このブロッコリーを炒めたものを食べるか聞いているのだ。
「うん、食べるよ」こんな時は無理してでも機嫌よく返事をしておけばいい。
これでメールの続きを書ける。ごめんね、ヌーちゃん。
豚肉の薄切りを入れてナンプラで味付けしている。
タイの料理にナンプラは欠かせない。
フライパンからナンプラの悪臭が漂う。
毎日のことだから俺はこの悪臭に慣れっこになっている。
タイ人ならこれは食欲を誘う美味しそうな臭いなのだろう。
俺達が醤油や味噌の焦げた臭いを美味しそうと感じるようなものだ。
このナンプラの臭いは俺にはまだ食欲をそそる臭いにはなっていない。
やはり、くさいと思う。
野菜炒めにはやはり玉ねぎが必要だ。
トマトが入っているのが中華料理屋の野菜炒めとは違うところかな。

緑のブロッコリーに赤い唐辛子を乗せるのだ。
熱をかけるとナンプラの悪い臭いは飛んでいき旨味だけが残る。
唐辛子の刺激、ナンプラの旨味と一緒に飯を食う。
これはタイの味だ。
野菜から出た汁が溜まっている。これをご飯にかける。
適度な塩味と野菜の旨味が沢山詰まっていた。

2006/11/14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

ローストビーフ

これって純粋なタイ料理じゃない。
ウチのローストビーフはナンプラと唐辛子、タイの紫玉葱で作ったソースをつけて食べる。
ここがタイらしい料理になっている。

R0018216pct20

ウチのローストビーフは小さい所に特徴がある。
本当のことを言うと大きい牛肉の塊を買えないだけだ。
最低1.5キロ位の肉塊でないとローストビーフとは言えないよね。
でもこの肉は周囲はこんがり焦げて中は半生だろ。
小さい肉でこんなローストビーフを作るのは結構難しいのだぞ。
たいてい中までよく熱を通してしまう。
中心が灰色になったローストビーフなんて美味くない。
肉の中心部が赤くて汁がじくじくと出るくらいでないといけない。

2006/11/14

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月13日 (月)

トムチュート

R0018212pct20_3 今日はトムチュートだ。日本では豚モツは煮こみかホルモン焼きに
しか使わない。タイではこんな風に豚モツを煮込む。
この軽い煮こみに春雨が入る。パクチーを浮かべて彩りにする。
パクチーの香りを日本人は嫌う。俺も最初は異様な臭いだと思った。
この香りを嗅いで飯を食っているうちに、これがあるとタイ飯と感じ
るようになった。
いろいろな香草で豚モツの臭いを消しているが、やはりモツ特有
な臭いがある。これがモツ料理の特徴なんだよね。

2006/11/13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤムクラポン

マグロのオイル漬け缶詰があった。これを買う事にした。
ラベルを見たらタイ製だった。
R0018213pct20 「ヌチャナート、これはタイの缶詰だよ。」
「何が入っているの?」
「マグロだよ。買うかい?」
タイ製と聞いて、反対はしなかった。
この缶詰で絶対にヤムクラポンを作ると思っていた。
缶詰を棚におき、黙っていた。
今日は缶詰が出ていた。
やったあ!ヤムクラポンが出てくるぞ!
「唐辛子は生がいい?乾燥がいい?」
「生がいいな」
こうしてマグロのサラダが出来あがった。
こんな料理は日本にはない。
日本人は缶詰の魚なんて醤油をかけて食べるだけだ。
彩りも綺麗だろ。
レモンの酸味が利いている。

2006/11/13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は二本

R0018211pct20 今日の弁当は何にするのと聞かれるが、選択肢は幾つもない。
何でもいいのだ。
「豚!」「豚は昨日食べたから、鶏にしたら?」
そんな忠告めいたことを言うのなら聞かなければいいのに。
そうは思ったが黙っていた。
「うんそうだな、鶏にしよう」
後はヌチャナートが適当に料理する。
鶏肉を茹で上げていた。
「何本にする?」
生の唐辛子を何本いれるか聞いているのだ。
「うーん、二本」
唐辛子を二本とナンプラ、レモンを混ぜて袋に入れる。
その袋を輪ゴムで止める。
このナンプラを入れた袋を弁当箱の中に入れておけばよかったのに、
弁当箱の上にナンプラの袋を乗せてバンダナで包んだのだ。
輪ゴムで縛ってあるのでナンプラはもれることはない。
しかしナンプラの臭いは漏れるのだ。
いつも同じ臭いを嗅いでいるので、俺には臭いが分からない。
弁当箱を鞄に入れた。電車は混んでいるので鞄を網棚に載せた。
電車を降りる時、網棚から鞄を下ろす。
他の人にぶつかるといけないので、鞄をそっと抱くように下ろした。
その時、鞄からナンプラの臭いが漏れるのだ。

唐辛子が二本入ったナンプラを鶏肉にかける。
汗をかきながら唐辛子を食べてしまった。
こんなにも唐辛子を食べて大丈夫なのだろうか?
タイ人が食べているのだから大丈夫なんだろうな???たぶんね。
俺もこれで腹を壊したことがないから大丈夫なんだろう。

2006/11/13

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月12日 (日)

昆虫食:コオロギ

これはウチの料理ではないがちょっと興味がある記事が新聞にあっ
たので紹介する。2006・11・10付けDaily Yomiuriにあった。
ベトナムの昆虫食を紹介している。ベトナムの食堂ではコオロギを
出すそうだ。これは美味しいのだという。品種によって味が違う。
食用にするために養殖もしている。フランス植民地からの独立、
内戦、アメリカとの戦争の40年間に出来あがった食習慣かもしれな
い。新聞では飢えから、兵隊がジャングルで生存のために食べてい
たことが食習慣になったと書いてある。おそらくそれ以上前から
コオロギを食べる習慣がベトナムにはあったのだろう。 Photo_11
昆虫食というのは世界中に沢山ある。ベトナム人が野蛮だということはない。
映画「パピヨン」の中で囚人がゴキブリを捕まえて食べるシーンがある。
飢えが進むと人間は食べられる物と食べられない物の区別がつくのだろう。
コオロギはビールの摘まみにいいそうだ。
俺もそう思う。カリカリとして香ばしいはずだ。
他の昆虫の味から想像してコオロギも美味しいと思う。

昆虫食の関連記事はここにあります。
   
昆虫食      
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_26dc.html

ノーンメパイ 蛆虫   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_330c.html

イナゴの佃煮    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_dad7.html

昆虫食 カブトムシ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/__6be5.html

昆虫食:コオロギ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_81a4.html

昆虫食: 蝉   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/__b240.html

昆虫を食べる    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_8386.html

2006/11/12

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2006年11月5日 - 2006年11月11日 | トップページ | 2006年11月19日 - 2006年11月25日 »