« アスピックみたい | トップページ | レモンを使う »

2007年1月14日 (日)

サンマの開き

R0018414pct20

このサンマは脂が乗った新鮮なものを開いたようだ。
ヌチャナートは「この魚は美味しい」と絶賛している。
「このままで十分、塩っぱいわよ。」
薄塩のタイ料理に慣れているヌチャナートにはこれくらいで塩味は
十分なのだろう。日本人には塩味の他に醤油の香りと旨味がない
と美味しいと感じられない。醤油をサンマの開きにちょっぴりかけた。

サンマの開きを食べながら、タイの干魚のことを思い出していた。
そう言えばタイで魚の開きを見たことがない。
あるかもしれないが、見た記憶がない。
どの乾燥した魚も丸干しだった。
ヌチャナートに聞いてみた。
「タイには魚を切って開いた乾燥品はあるかい?」
「ないわね」
魚を開いて乾燥させれば、速く乾燥できる。
タイのような熱帯の国ではわざわざ開かなくとも簡単に乾燥する
から、魚を開くと言う手間を省いているのかもしれない。
気温が低い日本で魚を素早く乾燥させるには開いた方がいい。
開きは日本の気候が生み出した日本人の知恵だったのだと気づ
いた。日本人がよく行くバンコックにあるスーパーならサンマやアジ
の開きもあるだろう。タイの庶民が行く市場では魚の開きは見かけ
ない。
タイへ行ったら、魚の開きを作ってみよう。
きっとタイ人は驚くだろうな。
「何をやっているの?変なことするね?!」
と言いながら魚の開きをみることだろう。姿、形が気持ちが悪いと
思うかもしれない。
新しい食品として受け入れられるかもしれないな。
食習慣は保守的だから新しい食品はなかなか簡単に受け入れら
れないはずだ。どんな反応がでるか楽しみだな。

2007/1/13

クチコミblogランキング TREview

|

« アスピックみたい | トップページ | レモンを使う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7742121

この記事へのトラックバック一覧です: サンマの開き:

« アスピックみたい | トップページ | レモンを使う »