« サンマの開き | トップページ | 豚を炒める »

2007年1月14日 (日)

レモンを使う

タイ料理にはレモンをよく使う。
日本ではラグビーボールのような形をした黄色いレモンを使ってい
る。この種のレモンが一般的で何時でも手に入るからだ。
タイではスダチのような丸くて青いレモンを使う。
タイのレモンの値段は安いものだ。
俺の目からすると、タイ人はレモンを粗末に扱う。
それを見ると俺はつい「勿体無い」と思ってしまう。
今でこそ、日本でもレモンは安いが、昔はレモンやバナナは高価
だった。レモンは高価という記憶が抜けないため、タイ人がレモン
を粗末に扱うのを見るとなんとなくイライラする。

タイ人は使い切らないレモンを冷蔵庫にもいれず、そのまま放置
している。レモンには蝿もたからない。熱帯の気温の中に放置さ
れたレモンは直ぐに乾燥して萎んでしまう。その萎んだレモンをまた
使うのだ。タイ料理ではレモンの汁だけを使う。
西洋料理のようにレモンを薄切りにして料理のなかにいれること
はない。

ヌチャナートが評価する良いレモンとは汁が沢山でるレモンだ。
皮が厚くて汁が少ないレモンは悪いレモンだ。
ウチではレモンをニンニクなどを入れた笊にいれて常温で保管して
いる。タイ人はレモンの鮮度にこだわらないようだ。
酢の代わりにレモンの汁を使うだけだから、レモンにカビが生えて
腐らないかぎりレモンを使う。レモンの黄色い皮がふにゃふにゃに
なってもなんでもないこととして使ってしまう。

適当な大きさのニンニクを探していた。
ニンニクの球や玉葱を掻き分けていたら、乾燥したレモンが出てきた。
あの黄色いレモンがカビに犯される事なく乾燥して小さくなっている。
殆どピンポン玉の大きさにまで縮んでいる。レモンの皮も硬くなって
いる。こんなものを使えるわけがない。いくらなんでもこのレモンは使
わないだろうと思っていた。これを見たらヌチャナートは
「食べ物を粗末にしてごめんなさい。」
と言ってレモンをゴミ箱に捨てると思った。ヌチャナートは乾燥して
縮んだレモンを何事もないかのように切って汁を絞っていた。

日本人とタイ人の考え方の違いに今更ながら驚いた。

2007/1/13

クチコミblogランキング TREview

|

« サンマの開き | トップページ | 豚を炒める »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7742319

この記事へのトラックバック一覧です: レモンを使う:

« サンマの開き | トップページ | 豚を炒める »