« 鰯を焼く | トップページ | ゲンガイ »

2007年1月26日 (金)

カオツムで朝食

R0018512pct20

中国人は朝食にお粥を食べる。
タイのホテルの朝食にはよくお粥がでている。
俺は朝粥が大好きなんだ。
ホテルでの朝食には必ずお粥を食べる。

今朝はタイのお粥カオツムを作っ て貰った。
白いご飯の上に乗せた青葱と生姜の黄色が綺麗だ。
青葱と生姜をかき混ぜてご飯に混ぜる。
景品で貰ったステンレスのレンゲでカオツムを掬って食べる。
葱と生姜の香りが口の中で広がる。
ちょっと塩味が足りないな。
醤油をかけようかな?
醤油をかけるとうま味がでるが、ご飯が茶色になり、見た目が汚い。
この色のまま食べたいなら塩をかけるべきだな。
ヌチャナートに塩をとってくれと頼もうとした。
「出来たわよ」
プラケムとヌチャナートが呼んでいる、塩漬けの魚を焼いたものが
出てきた。魚の白身をほぐしてお粥に乗せる。
お粥を掻き混ぜると、魚から塩分が出てきて、塩味はちょうどよく
なる。お粥は単純な味だったが、魚を加えることで味に深みが加
わった。
「美味しいね」
「そうね、美味しいわね。この魚 いいわね」
ヌチャナートも今朝のカオツムに満足している様子だった。

2007/1/25

|

« 鰯を焼く | トップページ | ゲンガイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31705104

この記事へのトラックバック一覧です: カオツムで朝食:

« 鰯を焼く | トップページ | ゲンガイ »