« キムチ鍋の素 | トップページ | アスピックみたい »

2007年1月13日 (土)

日本のラーメン

俺はラーメンが好きだ。日本蕎麦も好きだ。タイのラーメンも大好き
だ。俺達はラーメンと言っているが、タイ人はバーミーナムとかクイ
ティオと麺の種類で呼び方を変えている。俺がラーメンが好きなもの
だから、「ヌチャナートもラーメンが好きなはずだ」と思いこんでいる。
ヌチャナートが日本に来た時、これは是非食わせなくてはいけない
食品と思ってラーメン屋に連れて行った。ヌチャナートの反応は今い
ちだった。むしろ冷ややかな反応だった。
意外な反応にこちらも固まった。それいらい殆どラーメンを食べてい
ない。ラーメンが食べたくなるとタイのインスタントラーメンを食べて
いる。それを「よくそんなものを食べるわね」とヌチャナートは冷やや
かな目で見ている。

それほど寒くはない冬の日だが暖房のないテントの下で順番待ちを
していた。用事が終った時には腹が空き、身体が冷えていた。
ラーメンでも食って身体を暖めたかった。
「ラーメンを食おうか?暖かくなるよ」
「そうね」
ヌチャナートは素直に俺の言葉に従い、黄色い看板のラーメン屋に
入った。先ずは基本の味である醤油ラーメンを注文した。
「ああ、この味だよ」久し振りにラーメンの味を思い出した。
麺はしこしこしている。いつも食うタイのバーミーナムとは違う歯ご
たえだ。腹がすいているからむしゃむしゃ食べた。

ヌチャナートの丼を見ると、まだ半分ほどしか食べていない。
「サミイは食べるのが早いわね。よく熱いものを食べられるわね。」
猫舌のタイ人にはあつあつのラーメンは食えないのだ。
ラーメンが冷めるのを待ちながら食べている。
「タイの食事には熱い物はないね」
「そうね、みんな冷たいわね」
冷たいと言っても氷で冷やした料理ではない。
常温か、日本の焼きめしか野菜炒めの温度の物ばかりだ。
タイラーメンも熱湯の中で数回こちょこちょと揺り動かして麺を戻す。
それにスープをいれる。
日本のラーメンのように舌が火傷するような温度ではない。
ヌチャナートが食べ終わるのを待つ。
久し振りに食べたラーメンだった。
今回はヌチャナートはラーメンを不味いとは言わなかった。

2007/1/12

|

« キムチ鍋の素 | トップページ | アスピックみたい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32770221

この記事へのトラックバック一覧です: 日本のラーメン:

« キムチ鍋の素 | トップページ | アスピックみたい »