« プリッキヌー 鼠の糞 | トップページ | 蒲鉾のスープ »

2007年1月 6日 (土)

ゲンヤムウンセン

たしかこの料理のことをゲンヤムウンセンと言っていた。
春雨と鶏肉、野菜を煮こんだものだ。
「辛くないでしょ?」
言われてみると辛くない。これはこのような味だと思っていた。
「サミイの為にほんのちょっぴりしか唐辛子を入れなかったのよ」
日本人向きの味付けにしたのだ。
この味なら日本の鍋物と同じ様なものだ。
俺は辛味を感じないが、他の人なら大辛かピリ辛かもしれない。
こんなあっさりしたスープに唐辛子を入れたなら辛いはずだ。
R0018372pct35


しかも熱いから余計に辛味を感じるはずだ。
ああ、俺もタイの味に慣らされているのだ。
この料理に辛味を感じないのだから。
スープに鶏肉と野菜を入れたどうということがない料理だ。
ちょっと違っているのは春雨が入る事だ。
春雨はスープの味が染み込んでいるので美味い。
春雨や野菜をすくって、ご飯の上に乗せる。
ご飯もスープの味を吸って美味しくなる。
ゆっくり、ゆっくりご飯を食べる。
ご飯は日本の米だ。これがタイ米だと味が変わるだろうな。
タイ米だと水分を急速に吸うので、米の旨味がなくなってしまう。
タイカレーの場合はタイ米の方が美味しいが、この料理の場合は日本の米の勝ちだと思うな。

2007/1/5

|

« プリッキヌー 鼠の糞 | トップページ | 蒲鉾のスープ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31701110

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンヤムウンセン:

« プリッキヌー 鼠の糞 | トップページ | 蒲鉾のスープ »