« 納豆ブーム | トップページ | 鰯を焼く »

2007年1月25日 (木)

ドリアンの香り

ドリアンと言う果物は好きな人は大好きで、嫌いな人は大嫌いという好き嫌いが両極端に分かれる果物だ。
日本でもドリアンは買えるが、いい値段がする。
日本に輸入されているドリアンはちゃんと検疫を通して輸入されたものだ。
ドリアンをタイのお土産として日本に持ち込むことは禁止されているはずだ。
それでも鞄に隠してドリアンを持ち込む人がいる。
そんな一人がこんなことを言った。

「飛行機を降りて税関にいた時は全然臭わなかったのですよ。タクシーに乗ったら途端に臭いだしたのでびっくりしました。」
そりゃそうだろう。
臭いと言うのは周囲に似た臭いがあると感じないものだ。
周囲の臭いとは異質の臭いがあると、その臭いを強烈に感じるのだ。
税関には同じ飛行機から降りたタイ人が沢山いる。
タイ人の中にもドリアンを密輸している人がいただろう。
ドリアンの臭いはタイの臭いだ。
タイ人が呼吸する息の臭いはタイ料理の臭いだ。
タイの臭いがぷんぷんとしている中では少量のドリアンの臭いなんてわからない。
税関をでてタクシーに乗ると完全に日本の臭いだけになる。
そこにドリアンと言うタイの臭いが入る。
ドリアンの臭いは日本では異質の臭いだから、目立つのだ。

先日、ウチでドリアンを切った。
「全然、臭いませんね」
ドリアンを切る前にタイ料理を沢山作って食べた。
ウチの中はタイの臭いだ。
そんな中ではドリアンの臭いは感じない。

2007/1/24

|

« 納豆ブーム | トップページ | 鰯を焼く »