« もち米を入れる | トップページ | タイのアイスクリーム »

2007年1月23日 (火)

カオパット

一人でタイの街を歩いていて腹がへる。
何を食おうか?
そんな時は、屋台でカオパットを頼む。
味はあんまり外れることはない。
大概の店は美味しいカオパットを出す。
カオパットは米がぱらぱらと離れなくてはいけない。
タイの米はインディカ米なのでパサパサしている。
パサパサしたご飯を油で炒めるのだから、ぐしゃ付くことはないはずだ。
それなのに、ぐしゃっとしたカオパットを出す店がある。

蟹入りカオパットを頼んだことがある。
どんな蟹をいれたのか知らないが、蟹の甲羅だか足が入っている。
じゃりじゃりして食べられなかったこともあったな。
あの蟹はソムタムなどに使う沢蟹のような小さな蟹だったのかもしれない。

卵の殻が入っていることもある。
タイ人はあまり卵の殻にこだわらないのかな?
日本の食堂なら異物混入で客から苦情をうける。

いろんなことがあるけど、タイの屋台で食べるカオパットはうまい。
小さなライムを搾って酸味をだす。
唐辛子が浮かんだナンプラをかける。
太陽に照らされながら食べる。
こっちは通りを歩く人、車の流れを見ながら食べている。
街を行く人は、屋台で日本人が焼き飯を食べていると俺のことを眺めているのだろうな。

カオパットの関連記事はここにあります。

アメリカ風カオパット 焼飯、炒飯 
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_a7c3.html
普通のカオパット      
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_b88b.html
カオパット    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_a800.html
カオパット    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_a800_1.html
カオパット(焼き飯)   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_fd8c.html
カオパット焼き飯   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_ab09.html

2007/1/22

|

« もち米を入れる | トップページ | タイのアイスクリーム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もち米を入れる | トップページ | タイのアイスクリーム »