« 寒天ジェリー | トップページ | 穴子のオプウンセン »

2007年1月30日 (火)

薬膳:ライムジュースと便秘

日本の焼酎をライムジュースで割った。
ヌチャナートにこの焼酎を飲ませてみた。
なんで試飲させたかと言うと、タイにも焼酎があるが、タイ人の多くは自分達の国の焼酎の美味しさを理解しておらず、このような楽しい飲み方も知らないからだ。
タイの焼酎の美味しい飲み方をヌチャナートに教えたかった。

タイ人の焼酎に対する考え方は、ちょっと昔の日本人の焼酎に対する考え方と似ている。
タイの焼酎人口は貧乏人が大半を占めている。
金持ちは焼酎なんていう安酒は馬鹿にして飲まない。
年末年始や伝統的な祭日には、貧乏人は焼酎を飲んで車を運転して事故を起こす。
そんな事件がしょっちゅうある。
焼酎で自棄酒を飲み、病気になる。
どうも焼酎にたいするタイ人の意識は悪い。

日本でも昔は清酒に格付けがあった。
一級酒は二級酒よりもよい清酒と考えられていた。
二級酒の方が当然安い。
実際の旨味は格付け、値段とは違うのだけど、格付けされると一級酒の方がよいものだと思ってしまう。
二級酒より更に安いのが焼酎だった。
安い焼酎は労働者階級の飲み物と思われていた。
東京の山谷とか、日雇い労働者が寝泊りするドヤの住人が飲む酒が焼酎だった。
焼酎=労働者の酒=安物=不味い酒という公式が出来上がっていた。
日本人の考えとタイ人の考えは似ているでしょ。

日本の焼酎をライムジュースで割ったものを飲んでヌチャナートは
「これは美味しい」と言った。
思ったとおりの反応だった。
タイに行ったら、ヌチャナートは得意になってタイの焼酎をライムジュースで割って近所の人に飲ませるかもしれないなんて思ってニヤリと笑った。
このライムジュースには砂糖が少しだけ入っている。
「ちょっと酸っぱいわね。便秘にいいかもしれないわ」
俺はライムジュースの薬効については考えなかった。
ヌチャナートが言うように、これは効くかもしれないと思いながら焼酎を飲んでいた。

翌朝、朝御飯を食べると便意を催した。
調子よく便が出て行く快便だった。
どうやら焼酎をライムジュースで割ると、便通に効くようだ。

薬膳の関連記事はここにあります。

薬膳:ライムジュースと便秘 
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_f2f2.html
薬膳:苦瓜   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_ffd9.html
薬膳:赤いスープ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_bdde.html
薬膳:烏骨鶏   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_56d1.html
薬膳:便秘に効く   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_096e.html
薬膳:トウモロコシと便秘 
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_7b1c.html
薬膳:青い葡萄   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_2c5f.html
薬膳:マンゴー   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_6986.html
薬膳:唐辛子酢   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_b608.html
薬膳:便秘に効く果物   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_a32d.html
薬膳:便秘療法   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/03/post_6278.html

2007/1/30

|

« 寒天ジェリー | トップページ | 穴子のオプウンセン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒天ジェリー | トップページ | 穴子のオプウンセン »