« 豚を炒める | トップページ | 薬膳:苦瓜 »

2007年1月15日 (月)

スペアリブの唐揚げ

R0018419pct20

スペアリブがあった。ヌチャナートが見つけて
「これはサミイが好きなものでしょ?買いましょうよ。」と言う。
これを油で炒めて砂糖と醤油で甘辛く中華風にしたものも美味い。
前の晩にヌチャナートはスペアリブに塩コショウをしておいた。
それを今朝、油で揚げた。
このような単純な味は飽きがこない。

骨の周りにある肉を前歯でこりこりと噛み取る。
この部分の肉が美味くて好きなんだ。
歯が丈夫なヌチャナートは俺が食べない軟骨部分をとっては食べて
いる。
「ここが美味しいのよ」
その美味しさは俺もわかるけど、最近は噛めなくなっている。
俺がスペアリブをナンプラに漬けると、「もう塩味がついているから、
ナンプラにつけなくても大丈夫よ。唐辛子と一緒に食べなさいよ。」
とヌチャナートが注意する。これもタイ料理なのかな?
このような料理は世界中の何処にでもある。
ナンプラに漬けた唐辛子と一緒に食べるのだから、やはりタイ料理
なんだろうな。

2007/1/15

|

« 豚を炒める | トップページ | 薬膳:苦瓜 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31702459

この記事へのトラックバック一覧です: スペアリブの唐揚げ:

« 豚を炒める | トップページ | 薬膳:苦瓜 »