« メキャベツを炒める | トップページ | 筍と鶏肉 »

2007年1月18日 (木)

ソムタムの道具

R0018453pct20

ソムタムはタイ東北部の人々の好物だ。特に女が好きだ。
バンコックに住むタイ人はソムタムは女の食べ物と考えているようだ。
そんなことを知らないから俺はソムタムを食べていた。
俺のテーブルの傍を通る女は俺がソムタムを食べているのを見て
みんな笑っている。
どの女も笑うので、俺もなんだか様子が可笑しいと感じた。
英語が通じる女にこの事を話すと彼女も大笑いしていた。

ソムタムを作るには、青いパパイヤを縦長に持ち、表面をナイフで
ポンポンと叩いて切れ目を入れる。 次ぎに、ナイフでパパイヤを削ぐ。
こうして青いパパイヤの千切りができる。
千切りを作るのに二つの工程がいる。

代々木でやったタイフードフェスティバルでパパイヤの千切りを作る
道具を見た。日本で大根の千切りを作る道具のタイ版と思えばよい。
これは便利だ。今度タイへ行ったらこれを買おうと決めていた。
タイの市場でその道具を探した。やはり、タイの市場にありました。
値段は覚えてないが、高い物ではない。

ヌチャナートが喜ぶと思って買ったのに、ヌチャナートはちっとも喜ば
ない。その理由は
「こうやって作った方が美味しいのよ!」だった。
食というのは本当に保守的だ。便利な道具を使おうとしない。
がっかりしたが、捨てるに捨てられずまだウチにある。

先端のガリガリでココナッツの実の中の果肉を削ぎ落とす。
平らの長い部分で大根、胡瓜の薄切りができる。
波型の部分で千切りを作る。
安っぽいステンレス製品だ。
どの程度、刃が鋭いか使っていないからわからない。
多分、余り良く切れないと思う。
柄もすぐに取れてしまうのではないかな?
タイの製品は安いけど、すぐに壊れる。
かっての日本製品も安かろう悪かろうだった。
今のタイの工業製品はかっての日本製品と同じだ。
やがてタイの製品も優れたものになるだろう。
そうなる日を待っている。

ソムタムの関連記事はここにあります。

ソムタムポンラマイ 果物のソムタム 
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_a524.html
インゲンのソムタム   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_806d.html
ソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_a806.html
二人のソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_d616.html
ソムタムの道具    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_fbe8.html
ソムタム祭    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_0b60.html
瓜のソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_baa8.html
ソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_a806.html
熱いソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_cc7b.html
茄子のソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_ccda.html
ソムタムを作る    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_ed2f.html
ソムタムを食べる   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_5e83.html
今日のソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_f488.html

2007/1/17

|

« メキャベツを炒める | トップページ | 筍と鶏肉 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31703557

この記事へのトラックバック一覧です: ソムタムの道具:

« メキャベツを炒める | トップページ | 筍と鶏肉 »