« 鯰の唐揚 パットプラドク | トップページ | 竹の子と鶏肉スープ  »

2007年2月25日 (日)

えのき茸のソース ナムプリックヘット

R0018683pct20

腹が減っていた。ヌチャナートは
「ちょっと待っててね。すぐ作るわ」と言いながら えのき茸をグリル
で焼いていた。焼き上げたえのき茸に醤油をかけて食べても美味
しい。そんな料理を出すのかと思っていた。

生の唐辛子も取り出している。
「この唐辛子をどうするんだい?」
「茸のソースを作るのよ」
焼き上げたえのき茸、唐辛子、ニンニクなどを叩き潰した。
ナンプラで味を調えている。

ソースというと液状のものを想像する。
タイ人はこういったものもソースと言うので俺もここでソースと言って
いる。このえのき茸のソースは旨いのを知っている。
腹が減っているので、料理が出てくるのを待ちきれない。
餅米を摘んで、えのき茸のソースをつけて食べる。
餅米は甘い。それに辛いソースをつけると、餅米の旨味が強調され
る。空腹の胃袋にいきなり辛いソースを入れた。
舌や口は辛味に慣れているので辛味をあまり感じていない。
辛味は何も入っていない胃袋に入る。
胃袋は辛味に慣れていない。胃壁に直接辛味が効いた。
冷たい水を飲んで胃壁を冷やす。

えのき茸のソースは先ず何かを食べておいてから食べた方がいい。
これからは肉など脂肪分があるもので胃壁を保護してから食べる
ことにする。

このえのき茸を熱いご飯の上に乗せる。
もうこれだけでご飯を食べられる。
他におかずなんて必要ないと思ってしまう。

2007/2/25

|

« 鯰の唐揚 パットプラドク | トップページ | 竹の子と鶏肉スープ  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31951149

この記事へのトラックバック一覧です: えのき茸のソース ナムプリックヘット:

« 鯰の唐揚 パットプラドク | トップページ | 竹の子と鶏肉スープ  »