« 高菜の創作料理 | トップページ | 小さな帆立貝 »

2007年2月10日 (土)

食の常識

誰でも自分がやっていることは普通で常識の範囲内のことだと思っている。
食でも同じだ。
自分が食べている方法は普通のやり方だと思い込んでいる。
他の人から見るとそれはおかしな食べ方になる。

例えばこんなことを欧州の何処かで目撃した。
日本人の若い男が火を通さないウインナーソーセイジとパンを噛っていた。
それを見た二人の若いアメリカ人の女が顔をひかめながら、気持ち悪そうに
日本人の男がウインナーを食べるのを見ていた。
日本人の常識ではウインナーはすでに加熱処理されているのだから、そのまま食べてもいい肉製品だ。
野獣のように生肉を噛っているのではないと考える。
ウインナーの仲間の肉製品であるロースハムは加熱しないでそのままサンドイッチにしているではないか。
だからウインナーを店で買ってきたまま丸噛りをしてもおかしいことではない。
このように日本人は考える。
アメリカ人の常識ではウインナーやフランクフルトソーセイジは炒めるか茹でて温かくしてから食べるのが普通なのだ。
アメリカ人から見るとウインナーを加熱しないまま食べる日本人の行動は異端なのだ。
考え方、意識の差はこんな所にも表れるのだ。
それを見て俺は一人でにやっと笑ってしまった。

アボガドに醤油をつけると美味しいと書いたことがある。
メキシコ人から見ると、醤油をつけながらアボガドを食べている日本人はアボガドの美味しい食べ方を知らないと軽蔑するかもしれない。

タイ人は未熟の青いマンゴーを好んで食べる。それが彼等の常識だ。
日本人は完熟したマンゴーを食べる。これが日本人の常識だ。
オレンジジュースに塩を入れるのがタイ人の常識だ。
塩味のあるオレンジジュースなんて日本人の常識外だ。

刺身は日本人の常識だ。
魚の食べ方で刺身ほどうまい食べ方はないと日本人は考える。
欧米人の考えでは魚の生肉を食べるなんて考えられない。

自分ではおかしなことをしていないと思っているが、タイ人からみれば俺はおかしな食べ方をしているかもしれない。
食と言うのは楽しむものだから、自分が美味しいと思う方法で食べるのが一番いいのではないかな?
違うかな?

2007/2/9

|

« 高菜の創作料理 | トップページ | 小さな帆立貝 »