« 餅つき | トップページ | 二人のソムタム »

2007年2月 3日 (土)

牛ハラミと竹の子

R0018542pct20

牛のハラミと竹の子を煮込んだ。
時間をかけて煮込んだハラミは柔らかい。
この煮込みにはレモングラスが入っている。
唐辛子もたっぷり入っている。
俺は辛さで汗をかいているが、ヌチャナートはこの辛味は普通だという。
日本人はハラミを味噌で煮込むだろう。
こういう味噌煮込みもうまい。
タイ人が作るハラミの煮込みも美味いよ。
タイ料理ではいろいろな香辛料を加えて煮込んでいるのでハラミの臭みが消えている。
消えているのではなくて臭みが隠されているのだ。
臭みが消えたのでも隠れたのでもどっちでもいい。
これは安くて美味い料理だ。
ヌチャナートは調味料、香辛料を加えて煮込み始めたらもう鍋を火にかけているだけで見ようともしない。
適当な時間 煮込んだら「食べられるわよ」と言って出してくる。
主婦が作るこのような手抜き料理が家庭の味なんだろうな。
こういう味って飽きがこない。

2007/2/2

|

« 餅つき | トップページ | 二人のソムタム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31949038

この記事へのトラックバック一覧です: 牛ハラミと竹の子:

« 餅つき | トップページ | 二人のソムタム »