« 餅米の器 | トップページ | ヤムウンセン »

2007年2月11日 (日)

ナムトック

どうしてこの料理をナムトックというのか分からない。
牛肉の赤身だけを使う。
これにいろいろな香辛料を混ぜ合わせる。
もちろん辛い料理だ。
辛いけど美味い。
酒飲みにR0018576 は堪らない。
これが有れば他に酒のつまみはいらない。
これだけでぐいぐいと酒を飲んでしまう。
これも餅米と一緒に食べる。
餅米の甘みと、ナムトックの辛みが合う。

これに使ったパクチーも日本の物だ。
パクチーを切りながらヌチャナートが言った。
「日本のパクチーはタイの物より香りがいいわ。」
何だか変なことを言う。
普通の人は同じものでも必ず自国の物の方が優れているという。
例えばドイツ人は「ビールはドイツの物に限る」と言う。
キリンやハイネッケンよりドイツビールの方が美味いという。
ヌチャナートは日本のパクチーの方がタイの物よりいいというのだ。
「ふーん」
「タイの農家は肥料をあげないのよ。日本の農家は肥料を沢山あげるから美味しいパクチーができるのよ」
ヌチャナートの言葉が正しいかどうかわからない。
ナムトックに加えたパクチーの香りはいい。
俺はいつしかパクチーが良い香りと思うようになっている。
この香りに慣らされているのだ。
初めてパクチーの香りを嗅ぐ日本人は悪臭と感じる。

2007/2/10

|

« 餅米の器 | トップページ | ヤムウンセン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 餅米の器 | トップページ | ヤムウンセン »