« 小さな帆立貝 | トップページ | トムカームウ 豚足料理 »

2007年2月11日 (日)

ソムタム

R0018579pct20

女が大好きなソムタムだ。
タイではソムタムに沢蟹のような小さな蟹を入れる。
逃げ回る蟹を捕まえては青いパパイヤと叩き潰す。
ちょっと残酷なような気がするが、「これが美味しいのだ」とタイの女は言う。
蟹が生きていれば問題はないが、時々もう死んでいる蟹を使うことがある。
新鮮なものならいいが、死んでから時間がたったものを使うと腹を壊す。
ヌチャナートもソムタムが大好きだ。
タイに帰ると必ず、屋台でソムタムを食べる。
今では日本でも青いパパイヤが手に入るから、ソムタムを作ることができる。
日本とタイでは気候が違う。
熱帯の気候の中でソムタムを食べる方が美味しいらしい。
その気持ちは分かる。
屋台でソムタムを食べたヌチャナートは翌日には、「腹具合が悪い。ソムタムが悪かったのよ」と言う。
それでもソムタムを売っているのを見ると、ソムタムを食べる。

ウチに友だちが来てくれた。
ソムタムの作り方をご披露した。
青いパパイヤを包丁でポンポンと叩く。
片手で持ったパパイヤをくるりと回す。
適当量の刻みを入れると、包丁でそぎ切る。
そうするとパパイヤの千切りができる。
友達は興味深かげにヌチャナートの動作を見ていた。
今日のソムタムは単純な味付けだ。
ヌチャナートは海老を発酵させたペーストを入れることがある。
これを入れると味が濃くなるが、海老や蟹に特有な臭いがでる。
そこがヌチャナートのお気に入りなんだ。
今日のソムタムには海老ペーストが入っていない。
その味なら俺も食べられる。
餅米を丸めてソムタムの汁につけても美味しい。

ソムタムの関連記事はここにあります。

ソムタムポンラマイ 果物のソムタム 
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/04/post_a524.html
インゲンのソムタム   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_806d.html
ソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_a806.html
二人のソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_d616.html
ソムタムの道具    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_fbe8.html
ソムタム祭    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_0b60.html
瓜のソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_baa8.html
ソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_a806.html
熱いソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_cc7b.html
茄子のソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_ccda.html
ソムタムを作る    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_ed2f.html
ソムタムを食べる   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_5e83.html
今日のソムタム    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_f488.html

2007/2/10

|

« 小さな帆立貝 | トップページ | トムカームウ 豚足料理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31949743

この記事へのトラックバック一覧です: ソムタム:

« 小さな帆立貝 | トップページ | トムカームウ 豚足料理 »