« 豚丼 | トップページ | 鯖の水煮缶詰 »

2007年2月27日 (火)

トムヤンヌア

R0018689pct20

これは牛肉のスープだ。ヌチャナートは食器にはあまりこだわりを
持たないようだ。ウチの料理だからみかけなんかどうでもいいと考え
ているのかもしれない。日本の土鍋が気に入って、
「これに入れると美味しそうにみえる」と考えているのかもしれない。
器にこだわりをもたないが、味にはこだわりを持つ。
今日のスープはちょっと酸味が強すぎたのではないかと心配している。
「酸っぱすぎた?」
「いや、大丈夫だよ。美味しいよ」
電気釜で長時間保温したご飯の方がいけない。硬くなったのを通り
越して乾燥した米粒がある。スープをご飯にかける。
乾燥した米粒はすぐに水分を吸い込む。
土鍋から肉と野菜をスプーンで取る。それをご飯に載せる。
ちょっと酸味があり、ぴりっと辛いスープの旨味が口に広がる。
旨いと思うと無口になる。
ただもう黙って食べることに専念する。

トムヤンの関連記事はここにあります。
   
トムヤンヌア   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_d695.html
トムヤンパー 魚のタイ風鍋料理
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_52fa.html
馬蟹のトムヤンプー   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/01/post_a41c.html
トムヤンプラムック   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_f508.html
トムヤンガイ   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_e950.html
トムヤンクン   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_3f9d.html
今日のトムヤンクン   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_521e.html
トムヤンタレ海鮮鍋   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_c538.html
トムヤンヌア   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_d695.html

2007/2/26

|

« 豚丼 | トップページ | 鯖の水煮缶詰 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31951268

この記事へのトラックバック一覧です: トムヤンヌア:

« 豚丼 | トップページ | 鯖の水煮缶詰 »