« 樽酒 | トップページ | 鰯の丸干し »

2007年2月17日 (土)

千枚のトムチュート

新鮮な千枚を辛子酢味噌で食べても美味しい。
タイ人も唐辛子味噌で食べる。
和風でもタイ風で食べても千枚は美味しい。
俺はあの噛み心地が好きだ。

R0018592pct20

今日は千枚を煮込んで貰った。
煮込んだ千枚も旨いもんだ。
ヌチャナートはスープが良くできたと言う。

「スープを味見してよ。いい味よ」
うん、確かによくできた味だ。
セロリも煮込むと柔らかになる。
最近の日本の家庭ではセロリを煮込む料理が増えているのかな?

昔はセロリは生で食べるのが普通だった。
コップに生のセロリを切ってバーなどでおつまみに出されていた。
アメリカの中華料理屋へ行くとチョップスイという料理、日本で言えば八宝菜のような料理には必ず火を通したセロリが入っている。
セロリは生で食う方が異端だよね。
やはり火を通すのが正統な食べ方だと思うよ。

千枚とセロリとタイの香草がはいっているスープだ。
それにミニトマトがある。
レンゲで千枚と野菜とともにスープをすくう。
それをご飯にかけて食べる。
ご飯は一口分を皿の端にもってくる。
そのご飯にスープをかけるのだ。
皿に盛られたご飯に直接かけると、下のご飯はスープでぐしゃぐしゃになってしまう。
一回分づつスープをかけて食べるほうが美味しい。

2007/2/16

|

« 樽酒 | トップページ | 鰯の丸干し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/31950287

この記事へのトラックバック一覧です: 千枚のトムチュート:

« 樽酒 | トップページ | 鰯の丸干し »