« 竹の子と鶏肉スープ  | トップページ | トムヤンヌア »

2007年2月26日 (月)

豚丼

「トイレに行きたくなった」ヌチャナートが突然言い出す。
困ったな!こんな所に公衆便所はない。コンビニもない。
トイレを借りられる場所はないものかと見回すと吉野家があった。
吉野家に入った。ヌチャナートをトイレに直行させた。
トイレだけ使って出て行くわけにはいかない。
家に帰って、電子レンジで温めなおして食べればいいと思い、持ち
帰りの豚丼を注文した。

腹が減ったので豚丼を食べることにした。店で出来立てを食べるの
とは味が違う。タレがご飯に染み込んでいるからであろう、塩味を感
じない。豚丼に醤油をかけた。添付の七色唐辛子も、紅生姜もいれた。
でもまだなんとなく物足りない味だ。生唐辛子を冷蔵庫から取り出し
て加えた。やっと食べられる味になった。

「ああ、俺は完全に唐辛子中毒になっている。辛味がないと食事が
できなくなっている」
久しぶりに日本の食事をする。
「美味しい?」ヌチャナートは俺が喜んでいると思っている。
俺は複雑な気持ちだった。このような味に長年親しんで来た。
タイの飯を毎日食べているうちに好みが変わってしまった。

2007/2/26

|

« 竹の子と鶏肉スープ  | トップページ | トムヤンヌア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/32787649

この記事へのトラックバック一覧です: 豚丼:

« 竹の子と鶏肉スープ  | トップページ | トムヤンヌア »