« イカのサラダ ヤムプラムク | トップページ | ヌーの親子丼 »

2007年3月12日 (月)

紙ナプキン

最近、俺はレストランにある紙ナプキンはもったいないと思うよう
になった。口の周りを拭くのにあんな大きな紙はいらない。
もっと小さくてもいいと思う。

タイの屋台を真似して、ウチはテーブルの上にトイレットペーパー
を置いている。箱に入ったティシュウは置いてない。
紙ナプキンなんて使っていない。
トイレットペーパーで十分に役立っており、不便を感じることもない。
なにもティシュウを使うことはない。ティシュウは森林資源を無駄
に使っている。今まではティシュウをよく買っていたが、最近は
ほとんど買わなくなった。その分、トイレットペーパの消費は増え
ている。トイレットペーパーは再生紙だから森林資源の保護に
役立っている。

ハンバーガーショップに入った。その店では客が好きなだけ
紙ナプキンを取れるようになっている。
高校生が紙ナプキンを厚さ3センチほどの束でとった。
その全てを使うのなら、その全てが必要なら好きなだけ取ればいい。
高校生は使わなかった紙ナプキンを手でぐしゃっと握りつぶし捨て
ていた。この高校生には無駄という観念がないのだろうか?
店は経営努力で100円バーガーなどを出しているのに、客がこんな
無駄なことをすれば経費がかかり値上げせざるを得なくなる。

今の日本のレストランにある紙ナプキンは贅沢すぎる。
もっと節約しよう。たかが紙一枚というけれど、全国のレストラン、
食堂が小さなナプキンを使うようになれば、話は別だ。
大量の紙資源を節約できる。

クチコミblogランキング TREview

2007/3/11

|

« イカのサラダ ヤムプラムク | トップページ | ヌーの親子丼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8448282

この記事へのトラックバック一覧です: 紙ナプキン:

« イカのサラダ ヤムプラムク | トップページ | ヌーの親子丼 »