« ニンニクの芽、その後 | トップページ | イタリア料理の市民権 »

2007年3月21日 (水)

ああ辛い

王様が食べる料理だから「タイの王宮料理は絶対に美味い
はずだ」と誰でも思う。
ガイドブックやグルメ情報誌に載っている王宮料理店に行く。
本に書いてあるお勧め料理を注文する。
食ってみると「ああ、辛い!」とても食いきれない。
ミーハーグルメは辛くて泣きそうになる王宮料理を食べて、涙を
堪えにっこり笑って「美味しい」と言うのじゃないかな?
そんなに無理をしなくてもいいのに。料理なんて無理して食っても
美味くない。素直に「辛くて食べられない」と言えばいいのだ。
食べ続けているうちに、辛い料理も食べられるようになる。
俺は「これは美味い」と思いながら多くのタイ料理を食ってきた。
しかし腹が一杯になる前に辛くて降参した。
もっと食いたいのだが、食えなかった。
毎日々タイ料理を食っているうちに辛さに慣れてきた。
それでもまだヌチャナートが作る本物の辛い味には直ぐに降参する。

クチコミblogランキング TREview

2007/3/20

|

« ニンニクの芽、その後 | トップページ | イタリア料理の市民権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7723267

この記事へのトラックバック一覧です: ああ辛い:

« ニンニクの芽、その後 | トップページ | イタリア料理の市民権 »