« お粥にする | トップページ | ニンニクの芽、その後 »

2007年3月20日 (火)

タイのカレー

今日は朝からカレーだ。どうしてなのか分からないが、ヌチャナート
はカレーを作ってくれない。
「カレーを作ってくれよ」と頼んでも
「ええーっ!あんなもの?」と軽蔑するような口ぶりだ。
カレーを食いたいと言うとなんだか馬鹿にされるみたいなので、
こちらからは言い出さない。

R0018864今朝は寝坊した。ヌチャナートは俺の調子が悪いのだと思っている。
こんな時には「旦那の好きな料理を作ってあげましょう」と考えたのか自分から「カレーを食べるでしょ?」なんて優しい言葉をかけてきた。
そういえばカレーは暫く食っていない。カレーと言われるとカレーが食いたくなった。
俺は即座に「うん」と返事をした。
ヌチャナートが言うカレーはタイカレーのことだ。タイ語でゲンカリーと言う奴のことだ。
ターメリックで黄色くして、クミンの香りが強いインド風のカレーではない。
タイではあちこちでゲンカリーを売っている。
道端で鍋一つにゲンカリーを入れて売っている貧しい行商人がいる。
屋台やデパートなどの大食堂でもゲンカリーがある。
ゲンカリーはタイ人が大好きな料理だと俺は思うのだが、
ヌチャナートは違う。ウチでゲンカリーを食べたくとも俺はなかなか
食べる機会がないのだ。

タイを知る友達がウチに来た。ゲンカリーをお出しした。一口、
食べて言った。
「ああ、タイの味だわ。この味を出そうとしても、出せないのよね」

俺も一人でゲンカリーを作ったことがある。
しかし、ヌチャナートの作るような味にどうしてもならない。
辛くて味の 微妙な差なんて識別できないからだろう。
辛味に慣れているヌチャナートはちょっと味見して、あれこれを
足して味や香りの調節ができる。

久しぶりに食べたタイカレーに満足した。

クチコミblogランキング TREview 

カレーの関連記事はここにあります。

タイのカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2007/03/post_5144.html

タイカレーよ    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_5578.html

三色のカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_574d.html

タイカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/10/post_e532.html

インドカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_a7ae.html

竹の子入りカレー   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_fd8c.html

インドカレーその後   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/07/post_a436.html
みずなのカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/06/post_fa26.html
タイカレーが出る   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_89f1.html
タイカレーの地方性   
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_596a.html
パパイヤカレー    
http://krungthep.cocolog-nifty.com/blog/2006/04/post_34f4.html

2007/3/20

|

« お粥にする | トップページ | ニンニクの芽、その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7723339

この記事へのトラックバック一覧です: タイのカレー:

« お粥にする | トップページ | ニンニクの芽、その後 »