« イナゴの佃煮 | トップページ | 茶碗と箸 »

2007年3月23日 (金)

ゲンガイウンセン

この料理は鶏肉と春雨のスープみたいなものだ。
ちょっと辛味がある。これを食いながら俺はふと疑問に思った。

スープとシチュウの区別は何処にあるのか?
具の量で決まるのか?
スープの中に具が沢山入っているのがシチュウ???
そうするとこれはシチュウになるのかな?

R0018873 シチュウとスープの差」と書き込んでGoogleで検索したら、俺のブログ「ウチの料理」が検索結果にでている。
俺は「シチュウとスープの差」が分からないから、検索したのだ。
それなのに、俺のブログを参照、参考にせよと検索エンジンは言う。
ブログ「ウチの料理」を書き込んでいる、当の本人が分からないからウエブで検索しているに、俺のブログを参照しても解決にならない。

インドカレーはシチュウだよね。スープがドロっとしているのがシチュウか?
タイカレーはドロっとしていないからスープ?
ロシアのボルシチはどっちになる?スープかな?

この料理がスープでもシチュウでも、美味けりゃ分類はどうでもいい。
香り高い香草が入っている。ご飯は皿に盛ってある。
ウチはご飯を茶碗に盛ることはない。ヌチャナートには茶碗に
ご飯を盛る習慣がない。日本では茶碗はご飯専用の食器だ。
茶碗が何のためにあるのかヌチャナートにはわからない。
もし、茶碗に例えば味噌汁などをよそると俺が怒る。
ヌチャナートには怒られる理由がわからない。

皿に盛られたご飯の山から一口分だけスプーンでご飯をとる。
一口分のご飯を皿の上で平らに広げる。スープをすくってご飯
にかける。ご飯を平らに広げるのは、ご飯粒がすばやくスープ
を吸収するからだ。
よく煮込んだ鶏肉、スープが染みて赤く染まった春雨、そのどちら
もいい味になっている。辛味が食欲を刺激する。
食べ過ぎると、太る。この位でやめとかないといけないと思い
ながら、もう一匙食べちゃった。

クチコミblogランキング TREview 

2007/3/22

|

« イナゴの佃煮 | トップページ | 茶碗と箸 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8436050

この記事へのトラックバック一覧です: ゲンガイウンセン:

« イナゴの佃煮 | トップページ | 茶碗と箸 »