« 鶏の足 | トップページ | 肉の値段や環境問題 »

2007年3月11日 (日)

豚の血液

日本の肉食文化は明治の文明開化から始まったからまだまだ
歴史が浅い。肉食の風習が長いこと続いている国では、動物から
得られるものは何一つとして無駄にしない。
血液だって皮だって捨てることはない。みんな食べてしまう。
野蛮な行為、下品な食習慣でもない。
自然の恵みに感謝する気持ちがあったなら、食べられるものは
何でも食べようという気持ちになる。

ソーセイジだって血液で作ってしまう民族が多い。
民族と言う言葉を使うとジャングルで裸で暮らす未開の野蛮な
民族だと思う人がいるかもしれない。
「豚の血を食べてごらん」なんて言うと、
「私は日本人よ!血液を食べるなんて未開な野蛮人と一緒に
しないでよ!」なんて怒る人がでてくる。
そう言う人に限って欧米人の食習慣なら積極的に取り入れる。
西欧のドイツ人、ゲルマン民族は血液で作ったソーセイジを
好んで作る。そう言うと「血液は食べない!」と宣言した人は
困ってしまう。

タイの市場では牛丼の丼より小さな器、サラダボウルほどの
大きさの器をひっくり返した赤黒いものを売っている。
これは豚の血液に熱を加えて固めたものだ。好奇心が強い俺は
豚の血液に飛びついた。
「これは日本にはない、絶対に美味いはずだ」と確信をもって買い
求めた。それを料理してもらった。ホテルに宿泊する観光客では
こんなことはできない。俺が買い求めた食材を見せると
「日本人がこんなものを食べたがっている」とタイ人が驚いたり、
笑ったりすることがある。血液を見せた時はタイ人は驚かな
かった。普通の肉や魚を見るのと同じ見方をしていた。
スープだったか、肉や野菜の炒め物を作ってくれた。
どんな料理の中に入っていたのか忘れたが、豚の血は美味い
と確信できた。まるで蒲鉾のような感触の食材なのだ。
こんな美味いものを日本人は捨てているのだ。
申し訳ないという気持ちになった。

俺たちはもっともっと自然の恵みに感謝して、食べられるものは
なんでも食べるようにしなくていけない。

クチコミblogランキング TREview

2007/3/11

|

« 鶏の足 | トップページ | 肉の値段や環境問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8448695

この記事へのトラックバック一覧です: 豚の血液:

« 鶏の足 | トップページ | 肉の値段や環境問題 »