« 軟骨と高菜の漬物 | トップページ | ゲンガイ »

2007年3月 7日 (水)

スターフライ

アメリカのウイリアムスフード社から出されている商品だ。
格式ある東洋の調味料ミックスと書いてある。
要するに野菜炒め用の粉末調味料だ。
使う野菜は日本の野菜炒めとは違う。
日本人は玉ねぎ、白菜、キャベツなどを使うが、アメリカ人は
赤ピーマン、玉ねぎ、セロリ、人参、ブロッコリだ。
それらが無いときには茸、慈姑で代用できると書いてある。

野菜炒め用の調味料だが俺は焼き飯にこれを使った。
飯をフライパンで炒め、この調味料をぱらぱらとかけてよく混ぜ
合わせた。味見をすると米国人が考える東洋の香りだった。
八角の強い香りがした。
この香りは野菜炒めや焼き飯の香りではない。
俺にはこの香りはトンポーロの香りだ。焼き飯にこの香りは
合わない。醤油にしようかナンプラにしようか迷ったのち、
醤油を選んだ。醤油を加えて更に飯を炒めた。

米国人が考える東洋の香りと日本人が考える東洋の香りは
違うのだ。八角の香りは東洋の香りだが、西洋にもこれと似た
香りをもつアニスがある。日本人は八角もアニスも使わないから、
八角の香りは世界の何処と特定できない異国の香りだ。
米国人には八角の香りは東洋の香りだということがこの味付け
からわかる。
香味に対する感じ方が日本人と米国人ではこんなにも違うのだ
とこれで分かる。

クチコミblogランキング TREview

2007・3・7

|

« 軟骨と高菜の漬物 | トップページ | ゲンガイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8449807

この記事へのトラックバック一覧です: スターフライ:

« 軟骨と高菜の漬物 | トップページ | ゲンガイ »