« 外国の竹の子 | トップページ | 鰯の丸干し »

2007年3月27日 (火)

アイスバインが

豚のすね肉があった。骨は付いてない、肉だけだ。
「ヌチャナート、こんな肉があるよ。」
「あらっ!そこは美味しいのよ。買いましょうよ。」
最近、日本の洋食屋で豚の骨付きのすね肉を煮込んだアイス
バインがでるようになった。骨を付けていなくても豚のすね肉を
つかった料理をドイツではアイスバインと言っているようだが、
日本の洋食屋では骨付き肉を煮込んだものをさしている。

ヌチャナートがドイツのアイスバインの味付けを知るはず
がない。このすね肉をどのように料理するのか楽しみだった。
すね肉を適当な大きさに切って、煮込んでいた。
ある程度煮込んだら味付けだ。
「ねえ、サミイ!ポローなかった?」
ポローというのはトンポーロ用の香辛料のことだ。ウチだけで
通じるタイ語だ。トンポーロ用の香辛料を探している。
五香粉と書かれた香辛料を取り出してあげる。
ヌチャナートは臭いで確かめてから五香を鍋に入れていた。R0018882
黒胡椒もペッパーミルで潰しながら鍋に入れた。

「野菜を食べるでしょ?何があるの?」
冷蔵庫を見ると菜の花と茄子があった。菜の花は季節の野菜だ。やさしい苦味が美味しい野菜だ。
こちらは茹で上げて水を切っただけだ。食事に緑の野菜があると楽しくなる。
すね肉も茹でた物を水切りして出してきた。

焙煎して粉にした唐辛子を大匙山盛り一杯とナンプラを入れた
ものがタレだ。R0018884 酢と唐辛子を混ぜたものも出してきた。
野菜やすね肉を唐辛子入りのタレに付けて食べる。

ヌチャナートにできるはずがないとわかっていたが、なんとなくドイツ風に味付けしたアイスバインを期待していた。それが全く違う味になっている。
こうやって食べる豚のすね肉も美味しいもんだ。

クチコミblogランキング TREview

2007/3/26

|

« 外国の竹の子 | トップページ | 鰯の丸干し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7737527

この記事へのトラックバック一覧です: アイスバインが:

« 外国の竹の子 | トップページ | 鰯の丸干し »