« 魚の頭を使い | トップページ | タイのカレー »

2007年3月20日 (火)

お粥にする

町を歩いていたらなんだか空腹を感じた。
ダイエットをしようと思い、昼食の量を減らした。
それが裏目にでて、まだ食事の時間には早すぎる時間なのに
腹が減る。平和な日本は便利だ。食いたいと思えば何処かで
食い物を買える。ちょうどスーパーがあった。
そこでお握りを一つ買うことにした。
スーパーにはチーズも売っている。チーズを見ているうちにチーズ
も食いたくなった。タイ人はチーズの臭いを嫌う。
ヌチャナートも例外ではない。
ヌチャナートが嫌がるから俺はチーズを長いこと食っていない。
チーズを見ているうちに、どうしても食いたくなった。
お握りとチーズを買って食った。これで昼のダイエットは帳消しになる。

へんな時間にお握りとチーズを食べたので、夕食の時間になっても
腹が減らない。
「お腹が空いたら言ってね。ご飯を作るから」
そういわれてもなかなか腹が減らない。
酒を飲んでいた。
「お粥を食べる?」「・・・・」
それすら食べる気もしない。
「何も食べないと、体に悪いわよ。お粥を作ってあげるから、食べ
なさいね」
タイ風のお粥カオツムができてきた。 R0018862
このお粥をタイで食べると日本で食べるよりもっと美味しい。
酒を飲んで酔っ払った足で夜遅くまでやっている店に入りお粥を注文する。
それを食ってからトクトクに乗って帰宅する。
パック旅行の観光ではこんな経験をするのは難しい。

「よく混ぜて食べてね」
ヌチャナートはまるで子供に言い聞かせるみたいな言い方をする。
こうやって混ぜると、生姜や葱の香りが立つ。塩味もちょうどいい。
お粥は腹の何処に入ったのかわからない。
タイで食べるカオツムを思い出しながらお粥を食べた。

クチコミblogランキング TREview

2007/3/19

|

« 魚の頭を使い | トップページ | タイのカレー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7723396

この記事へのトラックバック一覧です: お粥にする:

« 魚の頭を使い | トップページ | タイのカレー »