« トンカツソース | トップページ | パッカパオ »

2007年3月 9日 (金)

タイのガツ

ガツというのは豚の胃袋のことだ。なんでガツというのか分からない。
ガツガツ食った物が入る場所だからかな?
デパチカでヌチャナートが驚いたような声をあげた。
「あら、日本ではガツが安いのね。タイでは高いのよ」
ヌチャナートはガツなんて言葉は使わない。
ガツのことを「ご飯の袋」と呼んでいる。

タイ人はガツが好きなんだそうだ。
ガツが取れる量は他の肉の量よりも少ない。
量が少なくて需要が大きいからガツの値段はタイでは当然高く
なる。値段が高ければ美味しい肉という評価になるのは日本人
もタイ人も同じだ。
ガツの値段はタイでは普通の肉のおよそ倍の値段だそうだ。
日本では普通の肉の半分の値段だ。

ヌチャナートがガツを買ってきた。
「日本人はガツを食べないのよね。」そういいながらガツに塩を
振った。スプーンでガツの表面をこすっている。
白い汚れのようなものが沢山出る。
水で汚れを洗い流しては塩を振って同じ動作を繰り返す。
ガツの裏表、内外を同じようにこすっては綺麗にした。
適当な大きさに切ってグリルで焼き上げた。
唐辛子の中にナンプラを垂らしたと言うのか、唐辛子の粉に
ナンプラを入れて唐辛子をふやかしたようなソースをつけて焼き
上げたガツを食べる。

タイ人は美味しい高級肉としてこのガツを味わう。
日本人は安いモツ肉として扱う。このガツは日本人にとっては
煙臭い赤提灯で安酒や焼酎を飲みながら食べる料理だ。
日本人とタイ人の感覚の差に驚き、感覚の差を楽しみながら
ガツを食べた。

クチコミblogランキング TREview

2007/3/8

|

« トンカツソース | トップページ | パッカパオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8449422

この記事へのトラックバック一覧です: タイのガツ:

« トンカツソース | トップページ | パッカパオ »