« 豚の血液 | トップページ | イカのサラダ ヤムプラムク »

2007年3月11日 (日)

肉の値段や環境問題

先日、豚の胃袋ガツの値段は日本では安いがタイでは高いという
話をした。ガツの味や感触がタイ人の好みにあっているので、需要
と供給の関係でタイではガツの値段が高止まりになっている。
肉食文化が長いタイでは豚から取れるものは何でも食べる。
豚の血液も食べる。皮も食べる。
ネムの中に入っている小さく切った皮はこりこりして歯ごたえが
楽しい食材だ。

今の日本ではあまり食べていない内臓、頭、血液、皮などを我々
がもっと食べれば肉の値段は下がる。
精肉業者は売れないもの、捨てるものが多いから採算がとれない。
売れる部位だけを売って採算を取ろうとする。
だから、ロース、肩、腿肉の値段が高くなる。

環境だ!エコロジーだ!なんて言っている人から率先して例えば
血液を食べるといい。環境を汚さずに血液を廃棄するには大変
な金と処理施設が必要になる。
これを我々が食べてしまえば、血液の処理施設は不要になる。

今は捨てられている食材を見直し、美味しく食べる方法、何でも
食べてしまう方法を工夫すれば肉の値段もさがるし、環境にも
優しくなる。
タイの食文化を見ているうちにこんな考えがでてきた。

クチコミblogランキング TREview

2007/3/11

|

« 豚の血液 | トップページ | イカのサラダ ヤムプラムク »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/8448414

この記事へのトラックバック一覧です: 肉の値段や環境問題:

« 豚の血液 | トップページ | イカのサラダ ヤムプラムク »