« 迷い箸 | トップページ | 外国の竹の子 »

2007年3月26日 (月)

料理の臭い

夕方、ヌチャナートと近所を散歩していた。
何処の家も夕飯の支度をしている。
美味しそうな臭いが漂ってきた。
「この臭い、なあに?」ヌチャナートが聞く。
醤油で何かを煮込んでいる臭いだ。
何を煮込んでいるのかわからない。
日本人にはこの臭いは食欲をそそる美味しそうな臭いだ。
外国人はこれを異臭と感じるだろう。
ただ単に異臭と感じるなら、問題がない。
「この臭いに耐えられない」と思ったなら日本に住むことができない。
日本中、何処に行ってもこの臭いが立ち込めるからだ。

「お料理の臭いね。ウチの料理の臭いも外に出て行くのね。」
「・・・・そうだね。」
「ご近所は臭いと思っているのかしら?」
「うん、そうだね」
ヌチャナートにとってナンプラやニンニクを炒める臭いは普通の
臭いなんだ。この臭いはヌチャナートにとっては食欲を刺激する
好い臭いだ。ご近所はこの臭いを異臭と感じているのではないか
と、ヌチャナートは気づいたようだ。

クチコミblogランキング TREview

2007・3・26

|

« 迷い箸 | トップページ | 外国の竹の子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7737461

この記事へのトラックバック一覧です: 料理の臭い:

« 迷い箸 | トップページ | 外国の竹の子 »