« レバー炒め | トップページ | 料理の臭い »

2007年3月26日 (月)

迷い箸

よく英国には料理がないがマナーがあるなんて聞く。
日本の食事の作法は英国以上に厳しいものがあるかもしれない。
俺はそれほどお行儀よく食べているわけではないから、食事の
作法についてとやかく言える立場ではない。

先日、タイ人が家に来て食事をした。
ヌチャナートが鶏肉の唐揚だか、ガイピンのような料理をだした。
タイ人は皿に盛られた鶏肉を箸で転がしながらお気に入りの肉
を捜していた。日本の食事作法ではこういうのを、たしか「迷い箸」
と言ってお行儀が悪いこととされている。
「迷い箸」ではなくて他の言葉だったかもしれない。
とりあえずここでは「迷い箸」としておこう。
俺は「迷い箸」を見るのが嫌なのではなくて、食べ物で遊んでいる
ように見えるのが嫌だった。タイ人にはこれは普通のことかなと
思いなおした。こんなことを思い出したからだ。

小学校の裏で魚の唐揚を売っている。小学生がその店で唐揚を
買う。どうやって小学生が唐揚を買うのかじっと見ていた。
小学生は指で唐揚をひっくり返したり、より分けている。
そして自分の好みの部位だか、大き目の肉を摘んで買って行った。
小学生は箸の代わりに指を使っていたが、これも一種の「迷い箸」
だと感じながら小学生を見ていた。

もしかするとタイ人には「迷い箸」という観念がないのかもしれない。
買う人、食う人には選ぶ権利があると考えるのだろうか?
それも一理ある。でも指で選ぶのは衛生的ではない。
タイの衛生観念が高まれば、こんな習慣も廃れるかもしれない。

クチコミblogランキング TREview

2007・3・26

|

« レバー炒め | トップページ | 料理の臭い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7737429

この記事へのトラックバック一覧です: 迷い箸:

« レバー炒め | トップページ | 料理の臭い »