« アイスバインが | トップページ | 寿司屋 »

2007年3月27日 (火)

鰯の丸干し

新鮮な鰯は美味いが、古くなるとすぐに油がいかれて臭くなる。
鰯は大量に取れるので安い。安いから下等な魚にされている。
これは鰯にとって気の毒な話だ。
干物にする場合も、新鮮なうちに塩を振って干物にしたものは
堪えられないほどの旨味がある。

今朝の鰯の丸干しも新鮮なものを乾燥させたものだ。
焼いていると油がじゅうじゅうとたれる。
「ご飯、できたわよ。唐辛子いる。」鰯が焼きあがったようだ。
「うん」
「ウチの旦那はタイ人みたいなんだから。」
ぶつぶつ言いながらも唐辛子のタレを作ってくれた。
今日は、タレというより唐辛子の粉をナンプラでふやかした
だけだ。湿った唐辛子の粉と言ってもよい。

鰯の身を取ってご飯に乗せる。唐辛子も乗せて全部を混ぜ
合わせる。あまり魚を好まない俺だが、今日のこの味は格別に
美味いと思う。俺は箸で魚、唐辛子とご飯を混ぜて食べている。
ヌチャナートも同じ物を食べているが、ヌチャナートは指で混ぜ
合わせている。ああ、やはりタイ人なのだ。
焼いた干物の魚は指で千切りながらもち米と一緒に食べるの
がタイの田舎流だ。
この魚をもち米で食べたなら、もっと美味しい。
日本の米はタイの米と違って粘り気があるから、ちょっとタイの
風味に近いかもしれない。
ヌチャナートも鰯の丸干しを美味しそうに食べていた。
魚の好きなヌチャナートは頭の部分の肉も指で摘み出して
食べていた。魚が好きな人は魚の食べ方が上手だ。
そして残すところなく食べるので、食べた跡も綺麗だ。

クチコミblogランキング TREview

2007/3/27

|

« アイスバインが | トップページ | 寿司屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7737551

この記事へのトラックバック一覧です: 鰯の丸干し:

« アイスバインが | トップページ | 寿司屋 »