« お握りの唐揚げ | トップページ | 道端の露天商 »

2007年4月27日 (金)

タイの蛙

蛙を市場で売っていた。初めて見た時は驚いた。
「これを食べるんですか?」
冗談半分で蛙を売っているおばさんに聞いた。R0019046pct40_1
おばさんは当然のように
「そうよ」と答えた。

貧乏で食うものがないから蛙を食べるのではない。蛙は嗜好品なのだ。タイ人が好きな食べ物なんだ。
食べてみれば美味しいことは分かる。

市場では蛙は生きたまま足を縛って売っている。R0019448pct40_1
死んだ蛙は売っていない。
残酷のように思えるだろう。
それが誤解なんだ。
冷蔵庫なしで食品を新鮮に保存するには”活かせておけばいい”のだ。
生きているのに腐っているなんて話を聞いたことがない。
コールドチェーンなんて流通システムができていない国では、食品を安全に運ぶためには動物を殺さないで生きたまま運ぶのが普通の姿だ。

買った人も、蛙を生きたまま持ち帰る。

2007/4/2

TREview
■トラックバックURL
http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/23001002/0/945/a4KPdnAJ/1215508296

素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« お握りの唐揚げ | トップページ | 道端の露天商 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7740402

この記事へのトラックバック一覧です: タイの蛙:

« お握りの唐揚げ | トップページ | 道端の露天商 »