« カノム東京 | トップページ | タイにあるタコ焼屋 »

2007年4月27日 (金)

蒸した海苔巻

セブンイレブンはタイにもある。
商い方法も取り扱い商品も日本と似ている。
カウンターの側にはガラスのショウケースがある。
その中にニクマンやシューマイのような暖めて食べるものが入っている。
これも日本と同じ商法だ。
シューマイの隣にはなんと海苔巻があった。(肉まんの下、右側)
海苔巻の芯は卵焼き見たいだった。
蒸して温かい海苔巻なんて想像したことがない。R0019185pct40_1
どういう発想で海苔巻を暖めることにしたのだろうか?
ちょっと日本人には理解できない。

見た目はどう見ても海苔巻だ。
寿司米を蒸したならどんな味になるのかちょっと想像がつかない。
酸味、酸味臭が強くなると想像する。
昼飯を食べに入った店に蒸した海苔巻があった。
それを試食することにした。
海苔巻だと思ったものは魚のすり身を海苔で巻いたものだった。
タイのオリジナル海苔巻だった。
甘酸っぱい醤油をつけて食べる。

2007/4/10

クチコミblogランキング TREview

|

« カノム東京 | トップページ | タイにあるタコ焼屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7722327

この記事へのトラックバック一覧です: 蒸した海苔巻:

« カノム東京 | トップページ | タイにあるタコ焼屋 »