« 寿司を売る店 | トップページ | リゾートホテル »

2007年4月27日 (金)

ナムタンワン 椰子酒の素

椰子酒の話をしていた。
俺が椰子酒に興味をもっていることをヌチャナートは気にとめていてくれた。
町を歩いていたら濁った水を売っていた。
砂糖黍をしぼった水と同じようなちょっと黄色みを帯びた緑の水だ。
「これが椰子酒の素よ。これに酵母が入ると椰子酒になるのよ。」
「・・・・」こんな形で椰子からでる水を手に入れることが出来るのだ。
タイ人と一緒でないとこんなことを知ることができない。
「飲んでみる?」
「うん、買って飲んでみよう。」

どんな味がするのか興味があった。
冷蔵庫で冷やしてから飲んでみた。
この水を飲むと、実に甘い。
今は甘い菓子が簡単に手に入るのでこんな水を大事にしない。
砂糖が貴重品だった大昔はこの甘い水は自然の恵み甘露だっただろうと想像した。

ココナッツを割って中の水分を飲む時に感じる香りがした。
実は俺はこの香りが嫌いなのだ。
髪の毛を燃やしたような、不潔な頭髪のような臭いを想像するからだ。

ココナツの水は椰子の実の中の水だ。
ナムタンワンは椰子の枝を切ってそこから滴る水を集めたものだ。
どちらも同じ椰子の木から取れるのだから同じ香りがするのは当然だ。

水の香りの好き嫌いは別にして、その甘さに驚いた。
この水を木の上で一週間ほど放置すると椰子酒になるそうだ。
これだけの糖分があれば十分に酒ができる。
いつか、この椰子の水を買って醗酵させてみよう。
どんな酒になるのだろうか?

2007/4/20

クチコミblogランキング TREview

|

« 寿司を売る店 | トップページ | リゾートホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7721877

この記事へのトラックバック一覧です: ナムタンワン 椰子酒の素:

« 寿司を売る店 | トップページ | リゾートホテル »