« デパートの食堂 | トップページ | 昆虫食 コオロギ »

2007年4月27日 (金)

キリンの生茶をタイで

何か冷たい飲み物を求めてコンビニに入った。
冷蔵ショウケースのなかに何だか見たことがあるペットボトルがある。
ボトルに書いてある文字がすんなり読める。 R0019104pct40_1
それもそのはずだ。書いてある文字は日本語なんだ。いつもタイ文字を苦労しながら読んでいるのですんなり読めると吃驚する。
そんなことはよくある。別に驚くほどのことではないとは思ってもやはり驚く。
「生茶」と漢字で書いてあり、「なまちゃ」と仮名がふってある。KIRINというロゴもあった。まさか日本からの輸入品ではないだろう。
ボトルの裏側を見るとタイ文字でナマチャと縦書きに書いてある。しかも書体はなんとなく漢字に似た書体にしている。
タイ文字は左から右に書く物だ。それが縦書きになっているだけでタイ人には異国風に見える。


R0019105pct40_1「ナマチャ印の日本の緑の茶」とタイ文字で説明がある。 バンコックの郊外にある会社がライセンス生産をしていることが分かった。
日本人は渋い味の茶を好む。タイ人には緑茶の渋味は好まれない。彼等には渋味は苦味と同じだ。茶の渋味をけすため砂糖を加える。
このナマチャの甘みもかなりある。
茶に砂糖を加える習慣がない日本人にはこの味はいただけない。

タイ人に言わせると
「甘い緑茶は美味しい。ミルクを加えるともっと美味しい」
なんだとさ。

2007/4/4

クチコミblogランキング TREview

|

« デパートの食堂 | トップページ | 昆虫食 コオロギ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7740675

この記事へのトラックバック一覧です: キリンの生茶をタイで:

« デパートの食堂 | トップページ | 昆虫食 コオロギ »