« 犬も食わない | トップページ | タイの蛙 »

2007年4月27日 (金)

お握りの唐揚げ

今までにも見ていたが気がつかなかったのかもしれない。
家鴨の卵ほどの揚げたものあった。
いったん、不思議な食べ物に出会うと気になってしょうがない。
どうしても試食したくなる。

俺は卵のようなものを求めた。
売り子が何かを言うが何をいっているのかわからない。R0019073pct40_1
「試食したいだけだよ。全部でお幾ら?」
変な客だと思ったのだろう。
売り子のおばさんは不機嫌な顔をしている。

皿に卵の唐揚げのようなものを乗せてくれた。
俺はこの料理の味は卵型のギョウザのようなものと推定した。
噛ってみた。
「うん、良い味をだしている。これは食える」
噛った跡を見た。
「なんだこりゃ?ご飯粒じゃないか?」
ご飯粒は茶色に色がついている。
香りがよい葉っぱを刻んで混ぜている。
粉唐辛子も入っているのでぴりっとした辛みがある。
日本の釜飯のタイ版と思えば大きな間違いはない。
タイ版釜飯でお握りを作り、小麦粉の衣をつけて油で揚げた
のがこの料理だ。本当はどのように食べるのかしらないが、このまま
お握りとして食べても美味しい。
新しい食べ物を見つけると嬉しくなる。

日本の焼きお握りと比べると、どちらが日持ちがよいだろうか?
タイで日本の米を使って焼きお握りを作っても、この暑さですぐに
駄目になると思う。香草や唐辛子を入れて油で揚げてあれば
日持ちがよいだろう。これは地元の人の昔からの知恵なんだ。

2007/4/2

クチコミblogランキング TREview

|

« 犬も食わない | トップページ | タイの蛙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7740373

この記事へのトラックバック一覧です: お握りの唐揚げ:

« 犬も食わない | トップページ | タイの蛙 »