« ソンクラン: 町営バスの奉仕 | トップページ | タイでホットドックと言うと »

2007年4月28日 (土)

バス停

伝統的なサラと言われる小屋がある。サラは公園や金持ち階級の庭にある。
休憩したり、そこで軽い食事や、冷たい飲み物を飲む。
寺院のような屋根がサラにはついている。壁はない。あっても腰の高さ位だ。

サラに似た形の建物が道路のあちこちにある。
そこはバス停になっている。

R0019309pct40_3バンコックの都心ではそのような形のバス停はもうない。
バス停の表示がある看板が立っており、このバス停には何番系統のバスが走っているか書いてある。日本の都会のバス停と変わらない。

バンコックの郊外にでると伝統的なサラ様式のバス停がある。
タイの道路は水没を防ぐため周辺の土地よりも高くなっている。

道路に添って堀があり道路の水を堀に流し、通行の安全と交通路の確保に努めている。
サラと道路は堀を渡る橋で結ばれている。
サラの入り口の上部には停留所名が書いてあるがタイ文字が読めない日本人には装飾のように見える。なかなか趣があるバス停である。
R0019293pct40_1辺鄙な場所にあるバス停はお粗末な姿をしている。

そんなバス停が世界中何処にでもあるような形のバス停になりつつある。 新しいバス停を見ると俺は何となく味気なさを感じる。
タイ人の目から見ると欧米流の物は格好がいい物なのかも知れない。近年タイの物価は上昇している。R0019334pct40_2
伝統的なサラを作り維持するよりも、欧米流のバス停を作った方が安上がりなのかな?

2007/4/16

TREview
■トラックバックURL
http://tb.treview.jp/TV/tb.cgi/23001002/0/945/a4KPdnAJ/1215508296

素晴らしい すごい とても良い 良い

|

« ソンクラン: 町営バスの奉仕 | トップページ | タイでホットドックと言うと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/68615/7721445

この記事へのトラックバック一覧です: バス停:

« ソンクラン: 町営バスの奉仕 | トップページ | タイでホットドックと言うと »